仕事や転職が決まらない!お金が無くて死にたいし不安で焦ってもこれはやっちゃダメ!【アンケート100】

こんにちは、Takeoです^^

 

 

以前、会社を辞めて仕事がなかなか決まらなかった
事を記事にしましたが、

 

僕も転職活動中、
仕事が決まらない時は、
前向きに考えようと思っても

 

「貯金が日に日に無くなっていく」

「社会に必要とされていないのではないか」

「働きたいと思っているのに、
 何故、働かせてくれないんだ!
 採用は見る目が無い!」

 

といった、現実を突き付けられたり、
やり場のないフラストレーションが
溜まりまくりで、
後ろ向きでマイナスな事ばかり
考えていました。

 

僕は、これまで転職で
次の就職先を決めてから仕事を
辞めた事が一度も無く、

いつも、

 

「なんとかなるだろう」

 

と、楽観的でしたが、
当然ですが、20代の頃の転職と
30代では求人数も求める条件も全く違います。

 

なんとかならない所まで追い込まれ、
それをどうやって乗り越えたかは、
上で紹介した記事で書いていますので、
良かったら読んで下さい。

会社を辞めたけど仕事が決まらない!?疲れたし貯金も無い時はここを頼ろう!

 

今回は、アンケート100として、

仕事が決まらない時に何を考え、
その状況をどうやって乗り越えたか、

または、現在進行形として
どう乗り越えようとしているのかに
ついて、様々な職業の方に回答して貰いました。

 

もしあなたが、
仕事や転職が決まらなくて
困っている、悩んでいるならば
何かにヒントになるかもしれません。

 

 

アンケートの質問としては、以下2点について
回答して貰いました。

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

 

年代別、性別に分けましたのでご覧下さい。

 

仕事や転職が決まらない時に考え、思った事と解決方法(20代男性)

製造業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

仕事を探す上で、自分の好きなこと(車)を仕事にしたいとは考えていましたが、特定の職種が見つかりませんでした。
整備士は給料が割に合わず、販売は接客や営業というものに自身がなかったため、選択対象になりませんでした。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

私は1人で考えていましたが、あるとき知り合いおじさんとご飯を食べる機会があり、その時の助言で今の会社で製造の仕事をしています。
仕事を探すのは人生を選ぶ事で、簡単なことではないも思います。
自分で考えるのには限界がありますが、他人に相談すると、以外にもいい話が聞けることがあると思いました。

製造業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

転職が中々決まらず、長い間憂鬱だった。
何度も面接を落とされると自分の市場価値に自身が無くなってしまった。
面接のために有給もほぼ使い果たしてしまい、時間も心の余裕も無くなってしまった。
このような状況が続き、なにも考えられずボーッとする事が多かった。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

最終的に転職を成功させ、活動中の低迷から抜け出す事が出来た。
一度全ての転職活動をやめて、一から「なにをしてきたか」「何ができて、これから何がしたいのか」を考えてみた。
それにより頭がクリアになり、希望職種・業種を絞る事が出来た。

システムエンジニア

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

私は、もともと大手の工場で働いていましたが、プログラマーになりたいと転職を決めました。
仕事を退職し、システム開発の会社に面接に何回もしたのですが、中途で初心者はかなり不利だと
わかりました。
その時、自分に人生に選択に失敗してしまったかと、すごく焦りました。
このままだと、目指すプログラマーになれないという事を思い知らされました。
面接を受ければ受けるほど、最高に不安になりました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

このまま面接を繰り返してもしょうがないので、資格を取る事にしました。
人材派遣会社で、半年ラインの工場で働きながら、プログラミングスクール
に通いました。
なんとか、資格がとれたので、もう一度、面接を繰り返したら、丁度、
人が足りないので、初心者OKも会社が見つかったので、就職ができました。
今では、プログラマーからシステムエンジニアとして働いています。

製造業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

仕事を探す上で、自分の好きなこと(車)を仕事にしたいとは考えていましたが、特定の職種が見つかりませんでした。
整備士は給料が割に合わず、販売は接客や営業というものに自身がなかったため、選択対象になりませんでした。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

私は1人で考えていましたが、あるとき知り合いおじさんとご飯を食べる機会があり、その時の助言で今の会社で製造の仕事をしています。
仕事を探すのは人生を選ぶ事で、簡単なことではないも思います。
自分で考えるのには限界がありますが、他人に相談すると、以外にもいい話が聞けることがあると思いました。

大学生

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

同級生に次々と先を越され焦っていた。
自分に自信が持てなくなった。
面接で何を言えばいいのか分からなくなった。
このまま就職できないのではないかと不安に
なった。
研究室の教官から厳しい叱責を受け、精神的に
追い詰められた。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

新たな就職活動の方法を調べた。
周囲の人に相談した。
就職支援機関について調べた。
フリーランスなど、会社に雇われない生き方を調べた。
既卒や第二新卒でも就職に成功した人の話を
調べた。
適度に休息をとり、気分転換をするようにした。

食品メーカー

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

前職では入社2ヶ月程度で辞めてしまい、人材価値が非常に低い状態がにありました。そのため、自分は何の取り柄もない無能だと、ひたすら自分を責め続けていました。自分は誰からも必要とされていないという思い込みに悩んでました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

退職日、前職の同期の方とお付き合いを始めました。将来の事を考えた際、自分が社会復帰しなければいけないと思うようになり、今までしてこなかった就活対策をするようになりました。しっかりと対策をすることにより、自信を持って面接に臨むことができました。

営業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

お金や収入が下がったことに対して、ノマドワークや在宅ワーク、アフィリエイト、個人サイト収入、クラウドソーシングなど就職活動と並行して何か収入が得られないか考え、時間がある時にそれを行える範囲で実行しました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

色々と行ったが、結局就職活動が上手く行って軌道に乗り始めました。

ただ、上記1で行ったことも、無駄ではなく、自分で作製したwebサイトのURLをエントリーシートや履歴書に乗せたら、面接時のネタにしたりして、評価されることもありました。

医療職

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

異業種への転職だったので傾向と対策があまりわからず、八方ふさがり感がありました。生活のこともあったので、あまり条件は設定しないのでどこでもいいから採用してくれと考えていました。不思議と貯金があったのでとお金のことは気にならなかったです。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

久々に地元の先輩から連絡があり、食事に行った際、就活中である旨を伝えると先輩の知人の人材斡旋コーディネーターの方を紹介していただきその方からいくつか会社を紹介していただきました。おかげさまでその中の1社で採用が決まり何とかなりました。

営業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

仕事や転職が決まらない時に考えていた事について今よく考えてみると実際にどこを目標にしているか明確ではなかったと思います。なので面接を受けてもいい応対、返答ができないためになかなか決まらなかったのではないかと考えています。でも、実際にはそのことに当時気づかずなにかのせいにしたり、基本的な面接の取り組み方などを復習したりと目先のことばかり考えていました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

その為の解決方法としてすべて今考えてることを紙に書き出し連想ゲームのように線で繋げていきました。そうすると、今の自分の考えてることがすべて書き出されそれについて自分でさらに考えてみたり、友人に見てもらって対策を考えていました。そうすると、目標が明確になり。また、その為にどうすればいいのかまで答えが出るようになり。内定を複数もらうことができました。なので、何を取り組むにしても目標を明確にし、その為になにをすべきか、何をしたいのかまで答えを出し解決していきました。

専門商社

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

①異業種への転職活動を行っていたので、今までの経験を次に活かすためにはどうすれば良いか?
②資格などが足りない事も考えられるので資格取得の為の勉強方法
③業界研究が足りていないため面接などで落とされる可能性もあるのではないか

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

①以前の職歴と転職先を決める際、先方にとって魅力があるであろう内容をまとめる。アピールポイントを伝えられるようにイメージトレーニングをする
②資格取得までの時間はなかったため、転職サイトのコンサルタントに別に強み(以前の職場での経験)のほうを強く押し出していった
③通勤時間や仕事の合間を縫って業界研究をする。一日20分業界研究する時間を作る

仕事や転職が決まらない時に考え、思った事と解決方法(20代女性)

サービス業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

大学卒業前に初めての就職活動を経験しましたが、はっきりとやりたいことや希望の職種が決まらず、手当たり次第に受けては不採用の連続でした。面接などでうまく話せないことへの劣等感や、自分の将来像がはっきり見えないことへの焦りで辛かったです。就活に活かせる資格や経験などが全くなかったことも劣等感につながりました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

なかなかやりたいことが決まらないまま就活を続けていましたが、それまで避けていた業種(教育サービス系)を思い切って受けてみたところ、面接に通りやすくなりました。自分の性格やスキルと業種が合っていたようです。
それまで自分の適正がわからず悩みながら就活を続けていましたが、受ける企業の幅を広げたことで、だんだん自分に合うものとそうでないものが見えてくるようになりました。仕事を探す中で行き詰まったら、それまで視野になかった幅広い業種・職種を検討してみるのも大切だと感じました。

受付

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

一般事務で探していたが、人気職種のため多く応募しても面接で落ちてしまう事がほとんどでした。今は事務職は正社員よりもパートや契約社員で採る事が多くなっているようで、正社員の応募で条件が良いとかなりの人数が殺到します。そのため、自分の絶対外せない条件だけは残して、事務職以外の仕事を幅広く見てみることに決めました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

別の仕事も幅広く見つつも、事務職での面接で有利な発言をすることができるように、Excel・Word・PowerPointの基礎はしっかりと復習しておき、Excelでは関数の勉強とマクロの勉強をし始めました。勉強をし始め、面接で言えることが増えたことで、自信にもつながりました。自信につながったことで、面接での緊張も薄れ、堂々とした返答ができるようになりました。

サービス業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

求人はたくさんありましたが、なかなか自分の希望に合う求人を見つけることができませんでした。やっと見つけた企業へ応募しても、不合格通知ばかりで再就職ができないかもしれないという大きな不安が常にありました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

毎日様々な転職サイトやハローワークで新着の求人情報を確認し、自分の希望に合う求人があれば積極的に応募しました。何度不合格になってもクヨクヨせずに次の企業に応募しました。就業場所も近くに拘りすぎず、少しエリアを広げたことで更に選択肢が広がり、再就職に繋がりました。

サービス業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

いまの会社に転職するまでに3社受けました。
面接では反応がよかったのに不採用通知で、もうわたしを雇ってくれるところはどこもないのかなとネガティブなことばかり考えてしまっていました。
自分が社会にとって必要ない存在だと感じていました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

いろいろな転職の体験談をネットで読んで、うまくいかないのはみんな一緒なんだ、きっとどこかにわたしを採用してくれる会社があるはずだとできるだけ気持ちを上向きにするようにしていました。
あとは演劇や映画が好きなので、たまにそれらをみて息抜きをしたりしていました。

旅行業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

当時海外留学中の状態からの再就職を目指していたのですが、もう留学期間が終わるまであと1か月というところで、面接で立て続けに不採用が続いてしまって、自信を失ってしまっていました。もう一旦転職活動を辞めて、長期的に旅にでも出て、自分とより深く向き合ったり、リフレッシュしようかなと考えていました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

実際に小旅行ですが、少し遠出して、ただ自分の心が赴くままに3日間ほど過ごしてみました。日常から離れて、ゆっくりとこれまでの自分を振り返ってみると、新しい気づきが得られた上、また頑張ろうというやる気が湧いてきました。そして、また根気強く転職活動を続けた結果、再就職することができました。

主婦

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

お金も必要だけど、仕事が中々決まらずやっぱり焦る気持ちと、旦那さんに対して申し訳ない気持ちでいっぱいで家に居てもなにか落ち着かずソワソワしていました。このまま決まらなかったら生活費が…とか、食費どおしようとか…不安の連鎖でした。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

やっぱり諦めないことが大切だと思いました。
ガムシャラに色々な求人に登録したり、応募したりすると返って混乱してしまったので、一つに絞って、自分はとにかく働く意思があることを強く伝えました。待つだけでなく、自分に出来る準備(履歴書など)も準備して、いつ面接があってもいいように備え乗り越えました!

主婦

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

仕事が決まらないストレスや不安、焦りでついつい在宅ワークや、楽して儲かるみたいな広告をみたり、つい楽な方に逃げてしまい悪いことばっかり考えていました。やっぱり頑張ろう!て思ったり、もういいやって投げやりになったりを繰り返していました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

まずは家族に相談しました。家族の言葉で不思議と自信がでたりして、真剣に就職活動に取り組み乗り越えることができました。何事もやるんだ!という強い気持ちが大切だなっと思いました。自分1人で考えても、考えは変わらないし、解決策も見つからないので、自分の相談できる人に相談して乗り越えました。

サービス業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

このまま仕事が見つからなかったら貯金も底をついてしまうし、かといって仕事を探すのも交通費など多少のお金はかかるので、お金の面での不安がとても大きく、もうなんでもいいからとにかく働かなくては生きていけないと焦っていました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

出来るだけ無駄な出費や外出は控えてお金が底をつかないように努力しながら、お金がない状況を早く抜け出したいという気持ちをモチベーションに変えて転職活動に集中して取り組むことでその状況や不安から乗り越えました。

事務

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

会社の経営不振での解雇だったため、直ぐに仕事を見つけなくてはいけないのに面接に行っても一向に仕事が決まらず収入が無くなる事にとても不安を感じていた。車のローン返済もあったため、収入がなくなるとそれも返済出来ないので本当に焦って仕事探しをし、このまま見付からなかったら…と不安ばかりでした。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

兎に角仕事を探す事に一生懸命で何でもいいから!と面接を沢山入れたし、雇用形態に拘らずひとまず職につければいいと何でも面接を受けた。それから失業保険が受けられないかと調べてハローワークの方に行って相談もしました。結果なんとかやりくり出来、仕事も見つける事ができました。諦めずにいてよかった。

物流業界での事務、営業補佐

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

リーマンショックがあったとはいえ、就職氷河期の終わりかけの大卒で、周りが決まっていく中、自分だけ卒業後も決まらず、ひたすら焦りと親や親戚からのプレッシャーを感じていました。少しでも興味がわけば、手当たり次第にエントリーシートを出すものの、面接に進めず、お断りメールが帰ってくるたびに自己嫌悪に陥りました。何が悪いのかもわからない。正社員は諦めて、フリーターで食い繋ごうかとも考えましたし、周りともあまり会いたくない、とりあえず親から離れたいとの気持ちから、どこか地元から離れた土地で住み込みの仕事はないかとも探していました。そんな中でもやはり希望する業界でないと性格的に仕事を続けられる気がしなかったため、希望する物流業界での就職を探し続けていました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

春先に母が就職が決まっていない新卒の就職支援をしている派遣会社を新聞で見つけてきて、そちらへ登録しました。ビジネスマナーや印象のいい面接の練習などの講習と平行として、派遣会社の持っている就職先を紹介していただだきました。その中に希望している業界への特定派遣を行なっている会社があったため、そちらで契約社員となり、最終的に派遣先の会社で正社員となりました。今となって振り返ると、当時の視界はとても狭かったと思います。中小、派遣も選択の一つですし、希望していた条件全てが整っていなくても、そこでの自分の頑張り次第で正社員になることも、経験者としてステップアップに転職することもできると知りました。こだわり過ぎずに仕事を探すこと、そこで働いてみることが大切だと思います。

官公庁

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

両親に大学まで行かせてもらったのに、周りにも認めてもらえるような安定企業に就職しないと申し訳ない。半面、何をやりたいか自分でも分からずに活動していた為、面接対策、企業研究など企業に対する姿勢が中途半端で、当然うまく進まなかったです。
焦る気持ちが募るばかりで、やる気はでなく、逃げ出したい気持ちでした。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

周りの目を気にすることなく、今の私は何がしたいのか、どう生きたいのかを考えなから行動するようにしました。また、親に心配をかけないように、自分の信念をたしかにもったうえで企業選びをするという事を意識するようになり、結構として良い結果に繋がりました。

主婦(元服飾関連の販売員)

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

このまま仕事も見つからずに路頭に迷ってしまうんじゃないか不安で死にたくなっていた。何度も自殺を考えたり、未遂なこともしていた。自分が仕事が決まらないのは自分はやっぱり人として何か欠けてるものがあるから誰にも認められないんだ、と常にマイナス思考になっていた

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

死にたくなる衝動を抑えていた方法は数日だけ就活を休んでそのことについてできるだけ考えないようにしていた。リフレッシュのために少し贅沢な買い物やご飯を食べて頑張っている自分を自分で慰めて褒めてあげていた。

電力会社、一般事務

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

仕事が決まらないときに考えていたことは、自分が楽しめることはなにか、ということです。人生で仕事している時間は長く、同じ時間を過ごすのであればより楽しい時間を過ごせるようにしたいと思いました。その為に、資格を取ったりするのも楽しいと考え、インターネットで調べたりしました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

私は仕事が決まらない間は、自分自身に使える時間と考えて自由に行動するようにしていました。何かしていないとマイナスな考えになることも多い性格なので、自分自身を忙しい環境に持ち込むことでネガティブな考えにならないように気を付けました。

事務職

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

何月何日までに絶対就職すると、目標を決めて、ハローワークに何回も行って、ネットでもググって、1つだけじゃなくて、いろんなサイトを見て、とにかく応募して、面接を受けまくって、数撃てば当たるといった感じでやろうと思ってました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

何月何日までに、絶対就職すると、目標を決めて、ハローワークに何回も行って、ネットでもググって、1つだけじゃなくて、色んなサイトを見て、とにかく応募して、面接を受けまくって、落ちても何回でも受けまくりました。

専業主婦

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

とにかく、勤めていた会社を転職したいと考えていてどうにか前向きに転職できる方法は無いかと考えていました。
会社に出勤しながらでは転職先の就職活動には集中できないと考えたので、とりあえず穏やかに退職し次の職探しを始めました。その時は、勤めている状態では無いため収入がなく不安でした。早く転職先を見つけなければ。と焦っていました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

数回転職をしており、ここで焦って妥協した職場に就職してしまうのは自分のためにならない。
また、同じように悩んでしまう。と思い以前より慎重に、職場探しをしました。その間収入はありませんでしたが。これまでの蓄えを少しずつ切り崩しながら焦らず、心に余裕を持って本当に自分の納得のいく環境の整った会社に就職する事ができました。
あの時一呼吸置いて、余裕を持った判断をして良かったと思います。

サービス業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

買い物に行くとやる気のない店員さんが目につき、自分はこんなにも働きたいのに目の前には仕事にやる気のない人が現在進行形で給料が発生していると考えると、とてつもなく苛立ち自分がこの人より劣っているところをずっと考えていました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

自分が劣っている原因を探るべく片っ端から面接の本を買い漁り、自分の何がいけないのかを考え、企業が本当に求めている人材は何かを考えノートにひたすら書きホームページ等を参考にしながら受かりたい会社に行き従業員の働きぶりを参考にし、とことん考えひたすらメモをし自分を追い込みました。

サービス業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

決まらないことで不安感もありましたが、それ以上に自信を失うことがありました。
仕事が忙しいならともかく決まらない状態が続くと、面接などの多忙さが報われないのでストレスでした。
イライラすることも多かったので、泣いたりと感情の起伏が激しくなりました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

うまくいかないことばかり考えずに、自分の趣味に打ち込む時間をつくったり何もせず休息したりすることを心掛けることでストレス解消になりました。
気分転換を図ることで状況を前向きにとらえられるようになりましたし、自信を失わないだけの余力をもつことができたと感じます。

大学生

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

将来、自分はどうなってしまうのだろうかという、漠然な不安感から、毎日焦りに焦ってハローワークサイトや転職サイトを何時間も見続けるような生活を送っていました。あと、どうして自分の希望通りの職業が見つからないのかも、考えました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

最終的に、私は知り合いの方からのお声がけにより、その方の会社で仕事を始めることとなりました。その時に学んだのが、何も仕事は転職サイトだけに転がっているわけではない、ということでした。もっと広い視野で、周りを見つめる力も大事かもしれません。

営業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

仕事を探している時はずっとこのままで大丈夫なのかという不安でいっぱいでした。
良さそうな仕事を見つけても、本当に自分にこの仕事が向いているのかが気になって、なかなか第一歩が踏み出せませんでした。
人間関係は?続けられるのか?一生の仕事に出来るのか?
一度仕事を辞めたという不安のせいで、次は間違えないようにしようと気負いすぎていました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

自分一人で考えているうちは、答えは全く出ませんでした。
ネットに書いてある転職エージェントに話を聞いたり、外に出て友人とお茶をしたりすると、考えても仕方のないことばかり考えていたと気づきました。
特に家族に相談したのがよかったと思います。
絶対的な自分の味方がいると分かったら、とりあえずどんな仕事でも挑戦してみようと決意出来ました。

サービス業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

このままでいいのか 不安 ちゃんと働けるのか心配 また就職先探すのが面倒 働く気になれない。一度休むとそのまま休んでいたい気持ち タイミングがわからなくて困る。どうにか生活していかないといけないからなんとかしなければ

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

いやでも外に出て仕事を探す。気晴らしに好きなものを食べて友達と遊ぶ。相談する。今後の将来について働いている友達に相談して意見をもらう。自分を落ち着かせる。今の現状を受け入れつつ、休んだらしっかり働く気持ちを持ち続けて勇気を出した。

製造業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

今年で社会人3年目(一般事務)となり、現在の業務に関しての充実度を考えるとこれからこの仕事を続けて行っていいのか?と考えるようになりました。も転職活動をしようと思い、いくつか転職サイトに登録しましたが、情報量が多すぎ、どれを信頼していいのか分からなくなってしまい、不安な気持ちがありました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

思い切って転職を考えているという事を、転職経験のある友人に相談してみたところ、転職サイトのオススメの利用方法やウェブサイトだけではなく、転職エージェントが設けている相談窓口に直接行くなどアドバイスをもらいました。身近な人からのアドバイスは信頼性がありますし、不安も少し解消されたように感じます。

僕の最初の転職は20代後半の頃でした。
当時はようやく就職氷河期も終わりつつあり
企業の求人数も増え始めていましたね。
前職では、システムエンジニアとして仕事を
していたので、その系の求人はものすごくありました。

ただ、内情を知っているだけに
ブラックな事はどこに行っても間違い無いですから
絶対にこの業界だけは避けていました。。

そして、就職した会社は
仕事は面白かったけれど、人間関係がクソ過ぎる
会社だったんですよね。。

転職活動以外の手段もあります。
僕の脱サラまでのストーリーを是非ご一読ください!

仕事や転職が決まらない時に考え、思った事と解決方法(30代男性)

広告業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

一番は「お金の心配」でした。最初は、「自分がやりたい仕事」を探す転職活動を行なっていましたが、「自分でもできる仕事」を探す転職活動へと変わっていきました。しかし、30代後半での転職活動であり、次に入社する会社を最後の転職先にしたいと考えていたため、今までと同じような仕事だと、その会社で長続きするのかという不安ばかりで、応募することすらできなくなっていきました。そして、またお金の心配へと、負のスパイラル状態でした。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

転職活動を始めたときは、貯金もあるから大丈夫だろうと、無職(収入なし)の状態で転職活動を行なっていました。ですが、転職活動が進まない理由を考え直した結果、収入がない状態に自分がいるという事実が、不安や焦り、無気力に繋がっているという答えにいきつきました。そこで、バイトや業務委託といった正社員以外の仕事に応募し、面接等で転職活動中であり、短期間で辞める可能性があることを正直に伝えるようにしました。その結果、短期間でも構わないという業務委託の仕事に就き、収入面での不安は解消できました。そうすると、収入面で気持ちに余裕が生まれ、転職活動に対しても余裕が生まれました。現在は、「自分がやりたい仕事」に就くことができています。

製造業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

生活資金も減ってきたし、社会的な立場もなくなって肩身が狭いので、友達とも全員縁を切ってしまって、家財道具を全部売り払ってそれを資金にして、今の家から引っ越しをして実家で引きこもり生活を送ろうかと考えていました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

とりあえず当座の生活費は食費や遊興費を削って、不用品を売ったりしてねん出して頑張って就職活動を続けた結果なんとか就職できたので克服しました。やはり諦めるのはよくないし、計画性を持ってなかなか転職が決まらなくても続けられる資金力は必要だと感じました。

自営業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

諦める気持ちと将来の不安から安易に手を打ってしまったりするので、決まらなくても時間をかけることが大切だと思います。なかなか結果がついてこないと、精神的に病むことが多いので、死んだほうが楽だと思ったり、後悔など色々考えると思いますが、自分を見つめ直す時間だと思って、精神を鍛える時だと思って頑張るのが一番だと思います。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

あまり先のことを考えないことだと思います。わかりやすく言えばその日暮らしをしてみることです。1日生きる為に何が必要か、いくら必要かなどを考えて生活していくと精神的に追いつめられる部分もありますが、考えることが減って、今まで見ていたものが新鮮に見えたり、見え方が変わったりするので、今日のことだけ考えるのも一つの手段だと思います。

サービス業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

このままフリーターで40、50と結婚もしないで迎えていくのかなあ・・
地獄だなあ。年間2万人前後の人が自殺するというのも頷ける、非正規労働者
があふれかえっている。自分もその一人というわけか、トホホ・・という心境でした。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

周囲に非正規の先輩もいたし、引きこもりの人もいたし、身体障碍を持っている方、
精神的に障害を抱えた方、いろんな方がいらっしゃいまして、自分は五体満足で暮らせて
いるだけいいかと奮い立たせて生きてきました。
前述の方々ごめんなさい。

製造業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

主にお金のことでした。前職の退社が予定外だったこともあり、貯金があまりなかったことが原因です。それでも2ヶ月くらいは耐えられる貯金だったのですが、3ヶ月経っても仕事が決まらず、相当焦ってました。夜寝れなくなるほどに追い詰められていました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

実家に帰るなどの手段で極力節約するといった方法もなくはなかったのですが、その時には既に引っ越す費用もなかったので、仕事の内容や条件を妥協し、就職しました。転職は前職より良い条件でなければと思っていたのを諦めることにより、解決しました。

医療業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

本当に転職することが正しいことなのか、その選択は間違いではないのかということを考えていました。その一方で、現状に居続けることへの苦しみなども強く感じており、どう立ち回ることが一番いい選択肢なのかをずっと悩んでいました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

自分がやりたいことは何なのか、何を一番に大切にしているのか(仕事をするうえで)を整理して考え直してみることにしました。また、仕事以外のプライベートな時間にどれほど影響しているのか、この三つを考え直すことで、自分にとっては仕事を選択するのに必要な整理ができました。自身としては、もう少し、今のところで頑張ってみる決断となりました。

無職 前職は調査・化学分析

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

いくつもいくつも会社へ応募しては落ち続けていました。半年程その繰り返しですが、落ちた所は相性が悪かったんだ、と考えてなおかつそこに受かって働いたとしても周囲の人間との環境が合致しないだろうな、と考えていました。何故、この会社に応募したのか、というありきたりな問いですら、自分なりの考えを込めつつ説明していましたが、自分の論点や視点とは違う回答が欲しかった、というようなニュアンスばかりで本当に苦労しました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

とにかくやり続けるしかなかったです。半年ほぼ毎日ハローワークと求人情報の検索とこれは、と思う会社や企業に応募をし続けていました。継続しないとそれだけ応募の可能性は低くなってしまいますし、数撃ちゃ当たる、という単純理論です。自分の求める業種で続ければやがて出会えるはずです。そのように解決しました。

製造業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

建設業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

なかなか決まらないので、自分に何がたりないのか考えていました。
自分が受けにいった業種が応募があまりなかったので、自分が出来る他の業種も考え、探していましたし、ネットでもいろんなサイトがあるのでひたすら検索していました。貯金を切り崩していたのでお金が減っていくことに不安があり、焦りました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

正社員を狙っていたのですが、まず仕事をするのが先だと思い、その業種のバイトや契約社員を雇ってないか調べて応募しました。
業種自体応募していない場合は、自分が出来そうな仕事を探し、バイトでもいいので働きました。

DTPデザイナー

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

自分のような学歴やスキルでは転職できないだろうとネガティブになっていたこと。
ブラック気味な会社に勤めていると、無力感からか行動できなくなるような洗脳があるので、行動力が落ちてきて考えることすべてがネガティブになっていた。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

自分のネガティブな考えを全て置いて、幸せな人生を歩むことを第一に行動するべき。
会社は絶対に自分を守ってくれない。
自分の人生を幸せにするのは自分の行動で全て決まる。
嘘をついて休んでもなんでも良いから転職活動に全力を出す。
これで私は普通の会社に転職することが出来ました。

サービス業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

貯金が減っていくので、毎日不安でした。自分は社会に必要とされては、いないのか憂鬱でした。退社した会社の失敗を次の勤め先でまた、同じことを繰り返すのではないか自問自答していました。外出してもスーツ着用している人を見ていると、自分と比較して劣等感を感じていました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

1人でいる時に考えることは、マイナスの事ばかりなので、なるべく人と会うようにしていました。偉人の名言集を読みました。違う業種の面接を受けた。アルバイトをした。転職エージェントの方に相談した。闇雲に動かない。会社の評判をネットで見て、面接を受けて、何とか職に就いた。(20代後半に3か月で10社受けて、7社内定頂いて決めました。)

電工

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

高校卒業後、自分はやりたい仕事が無くただ毎日バイトしていました。
その時考えていたことは、いつまでこの生活が続くのかなと多少なり将来の不安がありました。
なぜなら、今も現在母親と暮らしていますが、ほとんど自分の収入で扶養しているためで、生きていくのに精一杯でした。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

高校卒業して、約3年後今までバイトをやっていた所が無くなり、又母親の持病が悪化しこのままでは、まずいなと思い暇を見つけてはハローワークなど何度か通い続けて、何とか普通の職場を見つけることができました。
今思えば、何で早く行動に移せなかったのかなと思います。

仕事や転職が決まらない時に考え、思った事と解決方法(30代女性)

サービス業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

とにかく焦っていました。生活費もありますし、なにより毎月の支払い等が出来なくなるのがとても不安でした。
何社も面接を受けても不採用になるので、自分の存在価値や意味がないように思えてとにかく暗い気持ちでした。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

とにかくまずは少額でもいいからお金を稼がなくてはと思い、身の回りの品物をフリマサイトなどで売ってお金にして、
とりあえず生活費や支払いは出来たので、気持ちは少しだけ落ち着けて前を向けるようになりました。

専業主婦

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

以前勤めていた会社を急に会社都合で退職することになり、まったく想定していなかった転職活動をすることになりました。特殊な業界の事務系専門職で、同業での求人がなかったため異業種への転職となりました。
事務職を希望していて、何社か受けましたが書類選考や面接で不採用となりました。
雇用保険の受給期間が半分過ぎたあたりでかなり焦りが出て、毎日とても不安でした。このまま仕事が決まらなかったらどうしようという思いがありながらも、いざ面接が決まったら上手く話せるかの心配と緊張で辛かったです。
夫は励ましてくれたり、応募書類作りや面接の練習に付き合ってくれたり、とても協力的でありがたい反面、心配をかけていることに申し訳なかったです。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

特殊な事務職だったので一般的な事務スキルがなかったため、自腹でパソコン教室に通ってMOSの資格を取りました。また、教室で開催されている就職相談やセミナーを受講し、面接対策などもしました。
積極的にセミナーに参加することで、苦手だった人前で話すことや人見知りをかなり改善できたと思います。その効果が出たのか、無事に事務職での就職ができました。
今は諸事情で退職して一時的に主婦をしていますが、また仕事を探すときにはこのときの経験が役に立つと思います。

サービス業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

このまま仕事が決まらなかったら、どうしようと考えていました。どうやって仕事が決まらない間を繋いで行こう、ということを常に思っていました。年齢的なこともあり、かなり焦りを感じていました。とにかく、条件が合う仕事が早く決まって欲しいと思っていました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

ひとまず、前職の手伝いや単発派遣、クラウドワークスなど出来る仕事を時間が空いているときにするようにしました。仕事をしていると不安が和らぐこともあり、また、やったことのない仕事をするのは楽しく、様々な経験ができたので、結果、仕事が決まらない時期があって良かったな、と思えました。

専業主婦

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

失業保険ももうすぐ切れるし生活費がなくなるというのと、このまま一生仕事が見つからなかったらどうしようという焦りと、面接でなんで半年近く仕事が決まらないのかと質問された場合、どのように上手く答えようかと考えていて毎日頭の中がパニック状態でした。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

ハウトゥー本のようなのを読んで気持ちを落ち着かせるようにしました。時間はかかるけれども必ず自分に合う会社と出会えると思って自分らしさを失わないで、面接に挑むようにしました。その結果、面接も焦らずリラックスしてできるようになりました。

無職

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

辞めるたびに同じことを毎回思ってしまうのですが、無職であることが長引けば長引く程、何をして良いのかわからなくなってしまいますし、適応できないのではないか?と自信がなくなってドツボにハマってしまいます。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

求職中には、次を探すことでいっぱいいっぱいになってしまうので、短期のアルバイトをしながら探すようにしました。
人と関わる場所があることで色んな考えにも触れられますし、短期であることで普段なら挑戦しない職種にもトライしやすいです。
実際に短期のアルバイトをきっかけに長期に移行し、社員になった経験があります。

無職

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

2015年12月から2016年2月まで転職活動をしていました。自分のやりたい事が見付からず、とりあえず応募しても見送りを繰り返していました。本当にこのまま採用されなかったらどうしよう。と焦る一方でした。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

そこで、今までは1つの転職サイトで活動していたんですが転職サイトを複数に登録してちょっと気になった職業をとにかく応募して毎日が面接の日々でようやく就職先が見つかって一安心!
ただ、就職先は最低な所で5ヶ月で退職してしまいました。

飲食業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

このまま決まらなかったら生活できないので、とりあえずアルバイトをしながら仕事を探し続けよう。条件を妥協してしまうと長続きしないから、やりたいと思った仕事、こだれと思った仕事が見つかるまで根気よく探し続けよう。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

まずはなかなか決まらなくても絶対にあきらめないように気持ちを強くもちました。そして毎日求人サイトをしっかりチェックして前向きに活動を続けました。気持ちを切らなさないでモチベーションを保ち続けることが何よりも大切だと思います。

建設業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

とにかく家にいてくらいことを考えていました。
このまま就職が決まらなかったらどうしよう、とか、将来のことがとにかく心配でした。
とりあえずアルバイトなどをして生計を立てようかとも考えましたが、ダラダラ続けてしまいそうなのでやめました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

とにかく、家に閉じこもっていてはマイナス思考から抜け出せないと思ったので、積極的に足を使って就職活動しました。ハローワークや派遣会社にも多数登録して、希望の仕事や今の悩みなどを聞いてもらったので、前向きに就職活動することが出来ました。

介護士

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

休み、給料、通勤時間の優先順位や妥協ポイントを下げようなどと考えました。その結果通勤時間、休みを優先させることにしました。給料は下がるけどしょうがないと思うようにしました。するとヒットする職場がありました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

自分の希望をしていた休みや給料、通勤時間を妥協しようと思うようにしました。優先順位を考えるようにしました。その結果、給料を下げることにしました。するとハローワークでヒットする会社がいくつか見つけることができました。

事務

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

収入が無いので、日々貯金を切り崩しての生活への不安がありました。しかし、妥協をした会社で働くより、100%とは言わずとも80%くらいは納得のいく職場で働きたいと思いました。転職活動をするのにも、お金がかかるので、バイトをしながらの職探し。いつまでもこんな生活をしていてはいけないと思ってました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

私は、派遣をいくつか登録。ハローワークにも足を運んだり、ネットで毎日のように職探し。納得のいく職種を探しました。仕事で上を目指したいという気持ちがあったからです。もちろん、給与や通勤時間・場所などじっくり考えながら、そして未来の自分を思い描きながらがむしゃらに職探しをしました。

建設業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

独身で1人暮らしなのでとりあえず繋ぎでよいので、収入を得なければいけないと考えていました。派遣で働くと面接などの融通が聴かなくなると考え、日雇いのバイトで面接などが入らない日に働きながら転職活動を続けていました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

月に7万~10万程度の収入にしかなりませんでしたが、前職の退職金や貯金の足しにしながら何とか半年間しのぎました。そこまで条件にあう企業に転職するまでに長引くのであれば失業給付金をもらいながら働いてもよかったと思いますが、少しでも収入を得ながら転職活動が出来たのは良かったです。

金融

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

このまま仕事が決まらなかったらどうしよう、将来や仕事が決まるまでのお金はどうしようと悩みました。また、なかなか仕事が決まらないと家族にも迷惑がかかる可能性があり、周りからどう思われているか恥ずかしい気持ちもありました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

仕事が決まるまでは、今自分にできることを一生懸命やろうと考え、転職活動や企業リサーチを頑張りました。次第に手ごたえを感じてくると、恥ずかしさもなくなっていきました。お金については節約し、就職に関する資金は貯金から賄い、働き先が決まったら徐々に貯めていくことにしました。

主婦

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

未経験おっけいの所に就職しようか、内職をしようか、クラウドワークスで稼いでいこうか、ネットビジネスで稼いでいこうか、アフェリエイトで稼いでいこうか。
それともまた何かしらの学校に行って年増の新卒として働こうか、何かしらの資格を取って雇ってもらおうかと考えていました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

36歳だと未経験おっけいの所も年齢で弾かれることが多く、もともと持っている検査技師の資格で就職を探すことで解決しました。また、時々クラウドワークスで小銭を稼いで解決しました。あとはお小遣いサイトに登録して、小銭を稼ごうかと考えています。

ソフトウェア業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

まだ30代なので、どこかは雇ってくれるだろうと自分に言い聞かせました。子供が小さく、就職しても休みがちになってしまう点が心配で、それを理由に断られるかもしれないとも思っていました。最悪の場合、正社員でなくても、派遣やパートで仕事を探そうと思いました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

公文の先生になれるテストを受け、合格したので、どこも雇ってくれないなら、公文の先生になろうと思っています。公文は自営業になるので、ギリギリまで条件のいい、正社員の求人を当たってみようと思っています。
しかし、選択肢が一つ増えたことにより、心に余裕がうまれました。その点はとてもよかったです。

サービス業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

自分が転職しようと思っている職業が本当に自分に向いているのかを考えていました。特に、前職とは全く違う職業に転職を考えていた時は、やっぱり今までと同じ職業を選んだ方がいいのではないかとも考え、同じ職業の転職先も同時進行で求人を検索していました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

その職業ではどんなことを求められているのかを考え、それに適した自己アピールをするようにしました。職務経歴書もそれに合わせて記入内容を変えました。また、仕事で人材採用を担当している友達に職務経歴書を見てもらい、内容を修正しました。

コールセンター

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

このままずっと仕事が決まらなかったら家賃や電気代などの支払いが出来ず住んでいる所を退去になるのか…食費も出せず餓死するのか…。わたしは世の中に必要がない人間なのかな…とひたすら暗い考えに陥っていました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

とにかく面接をたくさん受けて働く場所を探しました。ちょっとでも生活費のタシになるようにと身の回りの物を売ったりしてお金にしていました。
暗い考えをしていると何も前に進まないのであまり自分を追い込まないようにはしていました。

製造業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

最初は、すぐに転職先が決まるだろうと考えていましたが、決まるまでけっこう期間がありました。その間、将来のことや、貯金のこと、どんな仕事が自分に向いているのか、転職先がなかなか決まらなくて家族は自分のことをどう思っているかなど、働いていない期間が長くなるほど色々と思い悩みました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

特にこの仕事がしたいなどはなく、営業や接客業は嫌だなと消去法で仕事探しをしていました。
何もしないと始まらないし、くよくよ考えていると憂鬱になったり、自信がなくなったりと悪循環になりそうなので、とにかく求人を探して応募したり、履歴書を書きためたりしました。

ライター

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

無理に自分を変えることはない。無理して採用してもらっても後ほどギャップが生じて辛くなるだけ。人生ひとつひとつ意味があり、転職が決まらないということはいま立ち止まれということなのだろうと自分を励ましました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

できるだけプラス思考で毎日過ごすようにしました。あと、負けん気が強い方なので、面接で落とされた時は「見る目がない会社だ」「落としたことを後悔させるように、今後活躍してやる!」と自らを奮い立たせました。

営業事務

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

一度正社員を辞めて、それ以降正社員で働くというのは、何か技術や経験がないと難しいので、手に職をつけるために学校へ行ったり、資格を取ろうかなど考えましたが、時間もお金もかかるし、これは逃げではないかなど色々と悩みました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

しかし、事務職で働きたいと思っていて、それ以前は事務の経験がなかったため、エクセルやワードが使えるという証明が欲しかったため、Mos検定のExcelの資格を取得しました。お金がかかるので独学でしたが、合格するとこができ、それもあったのか営業事務での就職が決まりました。

電子機器製造メーカー 事務

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

このままずっと働けずにフリーターやニートになってしまったらどうしようなど不安なことばかり考えてしまっていました。そう思い出すと働く意欲がどんどん損なわれていって、何のために働くのかということすら疑問に思えてきていました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

私はあまり自分を追い詰めず、運良く、ずっと実家住まいだったので家族に相談しながら就職活動していました。そして一番は外に出ることです。友人によく会って刺激をもらい、自分も早く社会の一員になるんだという気持ちを持ち続けるようにしました。

事務職

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

退職してから転職活動を始めたので、お金が無くなっていく不安といつ仕事が決まるのかが不安でした。何度も履歴書をを送っても不採用通知が来るので、世の中に必要とされていない感じがして疎外感を受け気分は沈みました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

縁が無かった会社にしがみつかず、次に良いところがあると信じて仕事探しを続けました。一人でこもりきりになるのではなく、ハローワークの職業訓練などに通いつつ、履歴書、職務経歴書の添削などをしてもらいました。1人だけではなく複数の人に見てもらい、良いとこどりをしました。

フリーランス

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

条件を高く望まず、自分の許容範囲内で勤められそうな仕事を探そうと思いました。焦っても失敗するので、焦らずにじっくりと取り掛かろうと思いました。ネガティブになってしまうことも、多々ありました。アルバイトでもいいかと思うこともありました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

出来ることから、少しずつでも手をつけていき、なるべく前向きに考えを持っていけるように心がけました。そうすると、意外と落ち着いていられました。高望みしても、そんなに良い条件の就職先だと、仕事内容が大変に違いないと、自分に言い聞かせたりもしました。

撮影業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

一人暮らしのため、生活資金を稼がなくてはならないので、収入のことがとても心配でした。ですので、アルバイトのことを考えていました。
技術職を志望していたので、合格した想定で技術を磨くために練習もしたかったので、効率がよくてお給料がそこそこよくて、単発でできるアルバイトがいいなあと思って探していました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

実際にインターネットで募集していても、おとり広告だったり募集を打ち切っていたりすることがありました。ですので、好き嫌いに関わらず、効率とお給料と単発、というキーワードだけを探し、気になった会社の面接説明会に行きました。複数行ったので、日々どこかしらからお仕事の依頼が来たので、できる日はアルバイトをしました。ですので、お金の面での心配は解決しました。

製造業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

このまま仕事が決まらなかったら、生活費どうしよう。せっかく資格とったのに生かせない仕事探して後悔しないかな。でも働かないと子供食べさせていけないしプライドとか得意なことより苦手でもやるしかないのかな。なんてことを考えていました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

子供の送迎などで働ける時間に制限があったのもなかなか決まらない理由のひとつだったけど、親に「毎日お迎えいくよ」と後押ししてもらったことで、逆にそこまで言わせてしまったなら資格を生かせる仕事は二の次で考えないと、と急に割り切れた。

会社員

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

専業主婦となり、ブランク5年があってからの、正社員としての転職でした。前職が営業だったので、営業、営業経理でアルバイトに応募しましたが落ちました。本当につらくて、自分など必要とされていないのだと泣きそうになりました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

アルバイト先が、知人からの紹介だったので、なぜ落ちたのかを知人経由で聞けたのが良かったです。シングルマザーとして稼がなければいけなかったので、「ガツガツしすぎてアルバイトとして入ってもらうと今いる社員とのバランスが崩れる」ことが理由だと言われました。そのため、正社員に切り替えて10社受けたところ、2社から内定をもらうことができました。難しいかもしれませんが、フィードバックを受けられる面接に参加すると、次どう改善して良いかがわかるため、参加になります。

テレフォンオペレーター

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

お金がどんどんなくなっていくのでとても心配でした。焦れば焦るほどうまくいかないのが現実です。焦らなければ焦らないでお金がなくなっていくのがみに染みて分かりました。焦っても焦らなくても転職が決まらない時はやるせないです。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

転職が決まらない時の解決法ですが私はハローワークで仕事を見つけに行きました。もし知り合いの人の紹介で仕事が見つかるのは1番良いのですが見つからない場合はハローワークがぜひお勧めです。ハローワークは色々な職業がありますので選ぶのに最適です。

教育

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

自分がやりたい仕事を諦めずにチャンスを待とうと思いました。
仕事や転職はタイミングや縁だと思うので「今はまだその時ではないのだ」「きっともう少し先の未来には上手くいっているはず」とポジティブに考えるようにしていました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

とにかく行動を起こしました。待っているだけではなにもチャンスはやってこないので、自分から動いて、うまくいかないときがあっても「よし、次に行くぞ!」と自分を鼓舞させて、常に明るい未来を見るようにしていました。

製造業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

どんどん貯金が減っていくし、自分は社会に必要とされていないんじゃないかと思い、落ち込んでいました。また、もしこのまま仕事が決まらなければフリーターとして不安定な生活をしなければならないかもしれないと、焦っていました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

自分が転職に成功し、楽しく仕事をしている姿を毎日想像するようにしました。そして、自分が何をやりたいのか、どのような仕事に対してやりがいを感じられるのか、自分にできることは何かを改めて深堀して考えることにより、自分をうまくアピールすることができ、無事に転職に成功することができました。

自営業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

どうすれば仕事が見つかるかと自問自答していました。
夫が転勤して県外へ引っ越し、長崎県の賃金の安さに驚き、これでは働くのがバカバカしいと思い、なんとか転勤しても関係なくどこでも出来る仕事はないかと考えて考えて考え続けていました。近所に子育て世帯もなく、友達のいない娘を保育園に入れるために、仕事がどうしても必要で、朝から晩まで子どもを見ながらあれこれ考えていました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

考え続けているとひらめきってあるんですよね。とある本を読んでいるときに、パッとひらめきました。翻訳の仕事なら、私の専門分野も活かせて、どこでも出来て年齢も関係ない!と。長崎で翻訳の仕事を探しましたが当然ありませんから、どうしたものかとまたまた考え込んだ結果、開業してしまいました。

教育

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

自分の納得できる仕事に就くということは、難しいことだと感じ、何かを諦め、自分の気持ちを犠牲にしないといけないと感じていた。自信がなくなり、やる気もなくなっていくので、余計に気持ちが落ち込み、上手くいかない人生に悲しくなった。周りで生き生きと仕事をしている人がうらやましく、何も考えずに生きていけたら最高だろうと感じていた。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

全てを犠牲にしたくなくて、ある程度のものを守りながら探していたので、そのように中途半端では実らないと思い、けじめをつけて手放せるものから一度手放してみようと考え、今まで少しでも安定が揺らぐことを恐れていたが、そうしていてはどんどんマイナスになっていくと感じ、少しずつ自分の周りの環境を変えていくことで、気分を変えることができ、また、環境を変えたことで、今までと違う選択肢が見えてきた。

サービス業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

とにかく数を受ければどこかにひっかかるだろうと手当たり次第エントリーをし、面接をうけるもなかなか採用が貰えずに悩んでいました。就職活動の期間が3ヶ月を過ぎても次の仕事が決まらずこの先自分はどうなってしまうのかと不安に思う日々でした。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

手当たり次第のエントリーをやめてとにかく自分が行きたいと思える企業だけに応募することにしました。そして、面接に進んだ際、こちらがこの企業で働きたくないなと思ったら翌日には面接辞退のメールを入れるようにしました。こうすることで、不採用通知を不要にもらうこともなく精神的なダメージも軽減できました。本当に行きたい企業だけに集中することでその後あっと言う間に採用がきまりました。

製造業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

子供の教育費や生活費でどんどん夫の収入が減って行くのがかなり心配でした。こうして私が仕事を探している間にもどんどんお金が出て行くので不安で不安でたまりませんでした。夫に申し訳ない気持ちと自分が焦る気持ちとで毎日交差していました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

私の解決策ですが、私はなかなか仕事が見つかりませんでしたので内職をたくさんやって何とか切り盛りしていました。それでもどんどん収入が減ってしまったので、さらに内職を増やして昼間内職やっていました。就職先が決まるまで家族には大変迷惑をかけてしまいました。

主婦(元商社系勤務)

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

このまま仕事が決まらなかったらどうしようと不安だった。親はそうなったら就職浪人して公務員の採用試験の勉強をして公務員になれって言ってたけど、ピンと来ないからフリーターになってそこから正社員の道を切り開くしかないと思った。11月に内定取り消しをされたから年内には再就職を決めたいと思った。色んなことが嫌になったから就活を終えた後のことばかりを考えていた。心労から痩せて少し嬉しかった。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

就職を決めたが内定取り消しにあってしまった。なので元々数社から内定を貰っていた実績があったので業界を選ばなければ必ず就職できると自分を奮起させ、不動産業界志望だったが視野を広げてアパレル等手当たり次第面接や説明会に参加し、自分の経験値の底上げをした。また大学や就職サイトだけでなくハローワークなどにも通い情報を集めて、再び内定を貰えて乗り越えることが出来た。

人間関係がブラック過ぎた2社目を退職後
しばらくは、自分が本当にやりたい事を見つける為に
転職活動は控えていました。

そうこうしている内に貯金が無くなってしまって
再度、就職活動をするも正社員での希望が
全く決まりませんでした

身の回りの物を売って少しのお金を手に入れますが、
先立つものが無くなり、生活するのも
いよいよ厳しくなって来たので、
「職業訓練」に救いを求めました。

詳しくはこちらの記事に書いています。

会社を辞めたけど仕事が決まらない!?疲れたし貯金も無い時はここを頼ろう!

転職活動以外の手段もあります。
僕の脱サラまでのストーリーを是非ご一読ください!

仕事や転職が決まらない時に考え、思った事と解決方法(40代男性)

小売業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

絶望的になって、不安ばかりの毎日でした。自分は天涯孤独の身なので、頼れる家族もいなく、仕事が決まらない=死という感じで考えてしまい、気が気でなりませんでした。お金に不安定な時は、他もなにも手に付かなくなりました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

取り敢えず、市がやっている職業相談所に行き、いろいろと相談したら、幾分気持ちが楽になり仕事探しにも専念できるようになりました。その後、すぐではありませんでしたが、なんとか今の仕事に就くことができました。

研究職

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

まず自分に出来ることは何かを考えました。
今までの経験や知識で他の人より優れてる点を探し、それを生かせる職を探しました。
自分の持つスキル、経験をアピールするために自分の実績を文章にまとめました。
就職して即戦力として役に立てるよう足りない点を補うために勉強もしました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

研究職は特殊な職種です。
皆さん、お金や休日より研究職に就いているというプライドで仕事をしている人がほとんどです。
求人はなかなか出てきません。
そこで、最終的に今まで築き上げた人脈を頼って就職しました。
どんな時でも最終的に助けてもらえる人脈は大切です。

塗料製造工

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

かつて大学から新卒で就職が全然決まらなかった時はさすがに人生で経験したことのない焦燥感に襲われました。もう条件のいい仕事は残っていない→自分は一生就職内定が出ないのではと、どんどん落ち込んでいったことを今では懐かしく思います。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

最近でこそインターネットを駆使したやり方が主流らしいですが、やはり就職試験に面接は採用する側される側双方にとって絶対不可避です。従ってビジネストークと言っては大袈裟ですが、初対面の方と難なく日常会話ぐらいはできるようになりたいところです。
私は当時アルバイトはしておりましたが、他者とは最低限のコミュニケーションしかとっておりませんでした。就職問題で苦労していた私はそこから他者とできるだけ積極的にコミュニケーションを取ることを心掛けました。若い頃の私はかなり無愛想の方でしたが、そんな私より無愛想な方はそうはなかなかおらず、意外と他者と日常会話することは簡単だと思えるようになってきました。それからは合否に関わらず行ったことのない会社に行って初対面の方と就職面接するのが楽しみになってきて、時間はかなりかかりましたが内定もいただけるようになりました。
さていざ就職して社会に出てからは、現状のイヤな状態から脱出したくてもっといいところに転職したい魔力にとりつかれて何社か渡り歩きましたし、今でも面接に行くこと自体は面白くて仕方ないので日々転職の妄想をしております。

物流業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

私の場合は派遣切りにあったために正社員での就職を考えていたために、なかなか就職できることはありませんでした。
無職の期間が10か月ほどあったためにかなり焦りましたが、やっとその時期に就職できました。
もしこれが無職の期間が1年を超えていたら非正規雇用での仕事をしたいたかもしれません。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

どのように乗り越えたかということですが、正直有効な対策はありませんでした。
目先のお金の問題だけであれば非正規雇用での仕事をすればいいのですが、長い目で見た時にはある程度のリスクを覚悟して職探しをする必要がある方思います。

小売業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

業績不振の会社から脱出を考えて転職を考えていましたので、将来この会社にいること自体が考えられませんでした。どんなことをしてでも転職してみせると考えて、ネットで検索をしてみたり、さまざまな方法を考えていました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

自分で直接、企業に応募していると件数が多くなり、対応することが大変になるので、大きい人材紹介会社から小さい人材紹介会社に登録して、求人を紹介してもらうようにしました。多少時間がかかっても仕方ないと思い、気長に紹介を待ちました。

人材サービス業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

自分のキャリアが他者からみたら全く価値の無いものなのではないか、これまで積み上げてきたものは無価値だったのではないかと落ち込んでいきました。
面接に至っても年下の面接官に見下されてしまい、たいへん辛い気持ちにもなりました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

極力相手の立場に立って、不採用となる自分を自分なりに客観視するよう務めました。
そういうことを意識すると自分の作成した職務経歴書や面接時の立ち居振る舞い、質疑応答における自分の回答について、反省する部分がたくさん見つかってきて、あるていど不採用が出たからこそ、本当に良い企業の選考で合格する事ができました。

フリーランス

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

現在は、先月に25年近く働いていた会社を辞め、転職活動中です。前の会社に在籍中に1社採用試験を受けてみましたが、結果的には不採用でした。
しかし、他に収入源を持っているので、切迫した焦りは感じませんでした。
けれども、私の理想的な働き方は、短時間の仕事でも良いから、もうひとつの収入のパイプが欲しく、それにマッチした仕事を探している最中です。
ところが、私は焦り過ぎもあまり良くないと解釈しています。なぜならば、転職で死ぬ気になるまで焦っているのは、日本くらいのものです。
特に、外国人の転職事情をインターネットで見ると、2~3年程度職歴がブランクあることは特に珍しいことではありません。
焦り過ぎが原因で、そこがブラック企業であったら、元の子もないですし、転職活動は腰を構えて本当に自分に合ったものを探さないと後で後悔するかと思います。また、就職することだけが人生の全てではないと思うので、深く悩みこまないようにしています。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

最近、前の会社で働いていた退職金が振り込まれ、万が一の退職に備えて計画的に貯蓄していたので、死ぬほど焦るような状況でもありません。
また、他に収入源もあるので、自分に合った働き方を模索しています。だって、人生の時間は会社の都合だけで決まるものではありませんから。

製造業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

恥ずかしながら半年ほどニートしていました。
そして、パソコンでゲームなどして暇をつぶしていました。
しかし、ある日、知り合いに活を入れられ、ハローワークに通うようになりました。
しかし、色々調べても、よく知らない仕事も多く、受付に行くのにも戸惑うばかりでした。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

結局、ハローワークでいくつかの仕事の面接に行きましたがうまく行きませんでした。
そんな時、知り合いに誘われて今の食品製造業の仕事につきました。
最初は慣れないのでよく叱られましたが、何とか頑張って今、十六年目になります。
もう年齢もあるので転職は考えていません。

無職

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

本当に就きたい会社や業界において採用されることよりも、生活の為の仕事というものに一旦就くべきだと考えていました。また、私は旅行業界で仕事をしていたので給料が安く、本当にしたい仕事に就いていたとしても最低限度の給料でしか労働しなくてはならず、また、仕事量も多いので、思うような転職活動はできないし、長期的な考えでじっくりと行うべきとも思っていました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

本当に就職したい業界や会社や給料の額を確保するためには、長期的な活動になるので、ルーズリーフに考えをまとめて、バインダーに綴じていくことにしました。また志望動機なども年齢を重ねるにつれ、広く、深くなっていくことが見受けられるようになり、狭隘(きょうあい)化をふせぐことに繋がったと思われます。

建築業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

正直いって毎日が不安でした、お金は出ていくばかり、入ってくるのほんの少し。借金ばかり増える。こんな生活二度としたくないですね。仕事をしていないのであまり良く寝れず変なことばかり考えてしまう毎日途方に暮れてました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

退職金で賄おうとしましたがやはり限界はありますので毎日焦っていました。しかし雇用保険の事を知らなかったのでいつも不安でしたが、ハローワークに行って少し安心しました。少しでも生活費が出来たからです。また早期就職すると少しお金がでます。

建設業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

希望1社目がダメだった時は「やっぱり。まぁこんなもんさ」と、次を考える。
2社目もダメだった時は「またか?ついてないな~」と、若干焦り気味になる。
3社目がダメな時は「俺、このまま無職で暮らすのか?」悩みだす。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

自分の希望する職種を見つけるのは簡単な様で意外と難しい(専門資格を持っている人は別)
特に派遣屋の常套手段で、希望すると「既に埋まってます」と、会員登録目的の釣り求人を出して
いるのが大半。それを覚悟の上で、とにかく見つかるまで辛抱強く探す事。

アルバイト

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

仕事を探しているが持病等があり、やる仕事に制限をかけなくてはならず、これからの生活環境と金銭的な事をどうするかを考えましたが、家族との関係も悪化させる事もあり、一人でひきこもるような事もありした。自分の死という事も考えていました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

現在においてもハローワーク等で仕事を探しているが、ほぼ全滅に近く、解決には至っていません。地元で探してはいるが、年齢等もあり、面接は話を聞いて終わりという事が多く、何も見ていないと思われるので、難しいと思います。

自由業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

また朝がきて気が付けばお昼。ぐだぐだしてると夕暮れ時。
今日一日なにひとつ生産性のある事などなかった。と憂鬱な気持ち一杯になりお金の為に仕事をする理由とはまた別の大きな理由に焦る気持ちとイライラは時折眠れない夜を過ごす事もあった。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

その当時コンビニでもフリーペーパーで配布されていた就職冊子もあり新聞広告だけではなく、より多くの職業紹介記事がありとてもいい刺激になっていました。家にこもってもやもやしてるよりも何倍も前向きな行動だったのだと、今思えば簡単な答えです。「1に行動2に行動3,4がなくて~」ってセリフのヤツです。

仕事や転職が決まらない時に考え、思った事と解決方法(40代女性)

専業主婦

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

辞めたいことで頭がいっぱいでした。とりあえず離れたい、しかし辞めてしまってどうなるのか不安でたまりませんでした。自分が何にむいているのかということから考えるのか、それとも仕事の今後の発展状況を一番に考えるのかなど悩みました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

仕事をどうしても辞めたくてたまらなかったのですが、なかなか勇気がでませんでした。しかし色々考え、先に資格について勉強し、取れる資格を取得。その後ハローワークに通い仕事を探しました。すんなり決まり転職することができました。やはりなにも持たず辞めるということは、大変勇気がいります。なにかとっかかりが必要だと思います。資格をとりあえず取ってみるのも一つの方法だと思います。

事務アルバイト(求職活動中)

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

現在も就職活動中ですが、今まで事務職で20年ほど働いてきており、今後も事務職として長く働いていきたい為、長期勤務可能な事務職を探しております。
年齢的にも正社員で探していましたが、なかなかご縁がない為、現在は雇用形態に拘らず、長く働ける事務職で探しております。正社員に拘って入社できたとしても、世の中が終身雇用の流れではなくなってきており、そして会社の経営状況によって、一生働けるとは限らない為。
それでもなければ、短期アルバイトで繋いで、大学や専門学校に通って資格取得の勉強したり、フリーで何か始める事などを考えています。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

現在進行形ですが、雇用形態に拘らず、長く働ける事務職で探しており、3社採用をいただきました。ただ、求人に記載されている条件とかけ離れていた為、まだ決まっておりませんが、雇用形態を見直すだけで、少しは道が開けたような気がします。

無職

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

心の中は、無意識のうちに、暗く沈んでいたと思います。知らず知らずの間に、私の心の中は、マイナス思考でいっぱいになってしまっていました。
自称、明るく元気で、前向きな性格に思うのですが。
次の面接に備えて、白紙の履歴書の準備です。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

暗く陰気、憂鬱になってしまった私の心を、時には、自分自身で、たった一人でも、自力で慰めていました。
知らず知らずの間に、家族への愚痴が増えていたかもしてませんが、積極的に身近な人々と会話をするようにしました。

営業事務

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

私は内弁慶なので、このまま引きこもりになりそうでどうしようと不安になりました。リーマンショックによる整理解雇でしたので、住民課や健康保険をたくさん納めなければいけなくて、貯金を食い潰しする状態でした。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

職安には、同じ境遇の方がたくさんおられて、元気なく通う私に声をかけてくださって、お互いに励まし合いました。仕事が決まった時には、みんなが自分のことのように喜んでくださいました。職安通いは格好悪いと思っていたけれど、仲間ができたことが素晴らしい思い出です。

無職(只今求職中)

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

やっぱり、私は誰からも必要とされないし、お金を払う価値も無い存在なんだと思い落ち込んでいます。その他にも、来月の支払いをどうしょうや他人からは気楽でいいねとか何も考えて無い人とも思われているんだろうなーと他人の目を通した自分の姿をよく想像して泣いています。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

とにかく、求職活動に集中して専念することです。履歴書を何枚も書いてみたり、ハローワークへ行き求職情報を検索したりなど、面接を積極的に受けて現実をよく見るようにしています。また、ボランティア活動もお金がかからず、気分転換にもなるのでおすすめです。

出版業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

学卒の最初の就職活動の時、何か人と直接かかわる仕事で、人の役に立つという視点で、公務員系を中心にしつつ、生保業界等を中心に活動していましたが、全く決まらず、街を歩くたびに、普通のサラリーマンやOLを見るたびに、「この人たち選ばれたんだ」と人を見る目が変わりました。
また、体力の低下とストレスからか急性膵炎になったりするところまで行ったときは、「私は世の中で人材として求められていないのか」という暗澹たる思いに駆られました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

もともと文章を書くことが好きだったので、「私が御社で役に立つとしたらこのような役割をさせていただくと最大限役に立ちそうです。」ということと、あくまで外の人間として分析して、この会社の向いていくべき方向性について、自分の考えとその根拠をのべつつ、プレゼンしたところ、めでたく採用が決まりました。
これを通じて、自己分析もでき、自己プロデュースの大切さを学んだように思います。

製造業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

専業主婦だったので、このまま働かなくても良いかなという気持ちと働いても短時間のパートで充分という間にありました。朝の忙しさから解放された後は、自分の好きなことが出来る楽しさがありました。まだ子ども達が学生だったので、急用が発生することがあり完全に自由ではなかったですが・・。でも毎日家事で一日が終わるというわけでなかったので働きたい気持ちも少しありました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

専門学校に通っていた長男が、卒業後は大学の編入試験を受験したいと言いだしたので、働らかなければという状況になりました。長女が高校生で、年齢差は4つでしたが二人とも大学在学が重なる時期があることが判明して、専業主婦ではいられなくなりました。慌てて就職活動を始めました。何社か応募はしましたが採用には結びつかず、現在はパートで働いています。その後長男は編入試験で大学は行かないと決めて、働いています。

専業主婦

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

どんな仕事がいいのか考えていたけどなかなかみつからなかった。専業主婦が似合うと思っていたからです。いろいろ聞いていたけど似合う仕事ないって思ってた。専業主婦だし、内職がいいのかなって思った時期もあった。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

いろいろの人から聞いてたけど、初めてサイト聞いてやってみょうと思った。いろいろあって難しいけど頑張ろうと思いました。初心者なのでわからないことありますよね。少しずつ覚えることにしました。仕事頑張ります。

保険業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

資格を取るために勉強をしながら仕事が出来る方法が無いか考えていましたが、とりあえずすぐにでも仕事をしなければ経済的にも不安なので、入社してから資格が取れる保険業にしました。入社後に研修があり、資格試験の勉強もさせてくれるので私にはあっていました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

ちょうど仕事を見つけている時に、知り合いの保険担当者が保険会社のイベントに誘ってくれて、資格は入社後に取れることに魅力を感じて研修に参加することになりました。同じ年代の女性が多く働いているので気が楽です。

金融業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

資格がないのでなかなか就職できないと反省していました。ただ、年齢のこともあるので今さら勉強して資格を取るほどでもないかと諦めていました。それより、前職と同様の仕事に一日も早く再就職できるように考えていました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

資格がないので効率的で楽な仕事に就職することは無理なので諦めました。なので自身の性格(前向きで明るく誰とでもすぐに親しくなれる)を最大限に生かした仕事が巡り合えるように就活しました。その後、理想の仕事に巡り合い、結構、高額の年収も得ることも出来ており満足しています。

教育

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

結婚して退職、子供の保育園が決まり就活しました。
結婚前は保育士でしたが、保育士ができるほどの体力がなく事務職で仕事を探しました。
辞めずに産休育休で休んでいたらどうだっただろうか?とか、短時間勤務の保育士を申し込もうかな?とか考えていました。
ですが、保育士になると家庭も子育ても仕事も共倒れしそうでなんとか事務職を希望し数多く面接を受け続けました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

ハローワークの担当者に愚痴を聞いてもらいつつ、パソコン講習の講座を紹介してもらったり履歴書、職務経歴書の書き方のアドバイスをもらい書類審査を通過するを目標にがんばりました。一人で考えると煮詰まってくるので、どんな話でも聴いてくれた職員さんには感謝しています。

販売、製造業、倉庫

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

・いつまで家賃を払い続けられるかな
・貯金いつまでもつかな。
・年齢的にも、無職期間も長くなってしまっているので、仕事は選んでられないが、体に危険が及ぶような仕事だけは避けたい。でもそんな事言ってたら仕事ないかもしれない。でも深刻なケガをした時に派遣とかは保障がないので、やはり選んではダメだのループ。
・更年期障害が始まっているので体調がいきなり悪くなることもあり、体力的も気力的にもフルで働けるのか不安だ。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

無職期間が長引くことで、昼夜逆転生活が容易になってしまっていた為、生活時間を朝起きられるように頑張った。朝起きられなければ派遣から電話を貰っても電話を受け取れないのだ。会社が営業している時間に起きるという最低限んの日常を送れるように、睡眠薬の力を借りてでも昼夜逆転を修正した。

主婦

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

大学生で就活をしていたころ、大手の自動車メーカーを受けた。友達は受かったけれど、私は落ちた。私と友達の違いを考えた。友達は教員免許を取得していた。当然大学の取得単位が違い、友達の方が明らかにまじめに勉強していた。成績はあまり変わらなかったと思う。会社は出来る人間ではなく、勤勉な人間を取るのだと思った。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

今さら取れてない単位数をくやんでも仕方ないので、英検、秘書検など資格を取得することにした。エステなど外見を磨くことにも力を入れた。希望通りではないけれど、一つ内定を取れると自信がついた。それでダメなら公務員試験を受けようかと思っていた。

専業主婦

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

今、まさにそのような状況です。お金が必要で稼がないといけないのに、なかなか自分に合った条件の仕事が見つからない。焦りが募ります。人手不足だから、職種や条件にこだわらなければ、仕事は見つかる時代です。でも、家事との両立を考えるとこだわってしまうのです。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

焦らないことが一番だと思いました。過去にあせって自分と合わない仕事をすることで、体調を崩した経験があります。病院代等、かえって出費がかさみました。だから、色んな切り口しっかりで探してみることが大事だと思いなおしました。

前職の4社目の時に40代になりました。
低賃金で経営陣との人間関係は悪く、
不満しか無かったのですが、
職務的に潰しがきかない様な仕事だったので、
次に転職出来るとは全く思えませんでしたから、
我慢してここでやっていくしかないと
思っていましたね。

転職活動以外の手段もあります。
僕の脱サラまでのストーリーを是非ご一読ください!

仕事や転職が決まらない時に考え、思った事と解決方法(50代男性)

教育関係

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

生活費のこともあるし、周囲の目や声もうるさいし、毎日いらいらして、このまま失踪してしまおうかとか、自殺してしまおうかとか、最悪のことばかり考えていました。とにかくどうやってその日、一日一日が過ぎ去ってくれるかばかり願っていたように思います。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

もうとにかく開き直るしかありません。どうやっても世の中の側が変わることはないので、自分がどうアジャストしていくかにかかっています。こだわりとか条件とか、譲歩できるところは譲って、たくさん応募してみるしかありません。

システムエンジニア

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

こんまま就職が決まらず貯金が尽きてしまうと大変なことになるという不安感で一杯でした。面接が決まっている企業の詳細を調べて入念な準備をしていても、自分のネガティブな部分に対する不安感を拭うことができませんでした。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

採用するしないは企業の判断であり、自分にはどうしようもない部分でもあるので、不採用となっても単に縁がなかっただけと、無理やりポジティブに考えようと努めました。また、条件面で妥協して未来に後悔することのないよう、「安売り」をすることだけは避けるようにしていました。

医療関係

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

生活する上での経済的な不安がありました。保険や年金に関してどうしようという不安はありました。前回の職場より良い職場が見つかるかの不安は付きまといました。朝、人が出勤しているのに自分は何もしていないという事による不安感も少し感じました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

ハローワークで相談していたので、相談員さんとの会話などで不安が少し和らぎました。無いと思っていた仕事も行くたびに仕事を紹介されていたので落ち着いて探せました。自分であれこれ悩むよりはハローワークのような所で相談した方が、仕事や転職には早期に仕事を探す早い方法だと思いました。

仕事や転職が決まらない時に考え、思った事と解決方法(50代女性)

マスコミ(現在は主婦)

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

どうにかなる、自分にはどうにかする力があると笑い飛ばしていたが、よく夢でうなされていた。そこまでに貯めていた貯金をだれかに使われてしまった夢。現実でそんなことがあってはいけないと、異性関係にも慎重になっていたと思う。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

とにかく人と会い、どんなチャンスでもまずは飛びついてみた。三回そのチャンスを試してみて、「お金にならないが価値はある」か、「価値はないがお金にはなる」のどちらかなら、我慢してでも続けようと決めた。あとは、くだらないかもしれないが、宝くじを買うこともストレス解消になった。

派遣社員

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

お金が入ってこない事への焦りと、もう自分に出来る仕事はどこにもないのではという落ち込みがひどかったです。それでも何か探さなければとハローワークやネットや新聞チラシなど毎日チェックしていました。辛かったです。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

結局、派遣しかなく、不定期なお仕事を紹介してもらっています。ただ私の場合、年齢もそこそこ高いので、もう若い頃のような正社員の働き方は無理と悟りました。幸い今までの蓄えなどもあるので、趣味や生活を優先して生きるようにしています。

サービス業

1.仕事や転職が決まらない時に考えていた事

当時は、今考えれば就職難の時代で、なかなか仕事が決まらず焦っていました。結婚していましたが、主人のお給料だけでは自分の欲しい物が買えず、主人のお金を使うのが悪いので自分の貯金を使っていたので自分のお金がどんどん減って焦ってました。

2.1についてどの様に乗り越えたか、解決した(解決している)方法

最初は、週3日くらいで時給もまあまあのパートを探していたのですが、いつまで経っても仕事が決まらないので、思い切ってハードルを下げました。
そして、夏でしたので期間限定のパートで2ヶ月ほど働きました。経験ができたからか同じ業種のパートなら採用されるようになりました。

仕事や転職が決まらない時にやってはいけない事

アンケートの内容は切実なものがありましたよね。

お金が日に日に減って行き

それでも、仕事や転職が決まらないならば、

「路頭に迷ってしまうんじゃないか不安で死にたくなっていた。
 何度も自殺を考えたり、未遂なこともしていた。」
(20代 主婦 女性)

「引っ越しをして実家で引きこもり生活を送ろうかと考えていました。」
(30代 製造業 男性)

「自分は天涯孤独の身なので、頼れる家族もいなく、
 仕事が決まらない=死という感じで考えてしまい、
 気が気でなりませんでした。
 お金に不安定な時は、他もなにも手に付かなくなりました。」
(40代 小売業 男性)

仕事が決まらないと手持ちのお金が
どんどん無くなっていく、
あの恐怖と焦りは僕も体験していますので、
本当に気持ちが分かります。

 

就職、転職活動では何度も失敗したので
振り返ってみて思うのは、
一番やってはいけない事は、
いくら生活の為だとしても、

 

「焦って仕事を決めたら絶対に後悔する」

 

1社目の会社は100社以上受けた結果
ようやく内定を貰った会社で、
4社目の会社はお金が無くて選択の余地が
無かった会社でした。

 

 

心に余裕が無いと冷静な判断ができないので
ダメですね。。
もう転職も出来ず、安月給で飼い慣らされるのかと
思ったら、

 

「こんなはずでは無かった。。」

 

当時は、仕方ないとはいえやるせない気持ち
しかありませんでしたね^^;

 

 

アンケートでも、
ある程度の妥協点は必要だけれども、
自分が納得した所に就職、転職した人は
厳しい状況の中でも、なるべく平静に保つ様に
行動しているとなっています。

 

 

後は、
一人で抱え込むと悪い事しか考えないので、
誰かと話してください。

 

ハローワークの職員でも友人でも先輩でも
親、家族の方でも誰でも構いませんので、
話すと気分がスッキリするだけでなく、
考えも整理出来ます。

 

 

それで、モチベもやる気も戻って来たりするので
是非活用してください。

転職活動以外の手段もあります。
僕の脱サラまでのストーリーを是非ご一読ください!

それでも転職、就職が決まらない。または有利に進めたいなら

転職、就職活動が決まらなくて考えていた事として

アンケートで最も多かったのは、

「お金の問題」

に関する事でした。
無ければ生死に直結する事なので、当然です。

 

転職活動をする時の基本は、
在職中に転職先を決める事がベストです。
スムーズに転職すればお金の問題も
まず大丈夫ですからね。

 

 

ただ、僕の様に転職出来ても3ヶ月で
会社が倒産したり、
働いてみたら求人票に書いている内容と
実際の仕事内容は全く違っていたと
いうことは普通にあります。

 

 

人間関係が最悪って事もありますよね。

 

 

どんなに企業研究をしても、
こればかりは実際に働かないと分かりません。
せっかく、転職したばかりだし
我慢するしかない。。でも無理。。
貯金もほとんど残ってない状態なので、
転職したくても出来ない。。

 

 

「お金の問題」があってどうしても
一歩先に進め無くなります。
僕もそうでした。

 

 

なので、

「他に収入源を持っているので、切迫した焦りは感じませんでした。」
(40代 フリーランス 男性)

こちらの回答の様に、
在職中に副業として自分で稼ぐ方法を身に付けていれば、
転職、就職活動が長くなっても、
転職、就職後にパワハラに悩んでも、

 

焦る事無く落ち着いて次にどうすれば良いか
考える事が出来ます。

 

 

2018年が副業元年と呼ばれる程、
国自体が副業の推進に力を入れる様にもなっています。

 

 

とは言っても、副業で何をしたら良いのか
分からないと思いますし、
会社が副業禁止だったらそもそも出来ないと
諦めてしまうかもしれません。

 

その部分の所はこちらの記事に書いていますので
興味あればご一読ください。

サラリーマン必見!複業(副業)のやり方と会社にバレない始め方は?

サラリーマンが副業は好きな事(やりたい事)では稼げない?スキルもお金も経験も無い人の始め方

 

現在あなたが、副業には興味があるけれど
特にやりたい事が無いし、
休日にバイトとか警備員だと
体力的に無理だし、
仕事が不規則で時間もあまり取れそうにない
状況ならば、

 

インターネットビジネス、アフィリエイト
がオススメ
になります。

 

 

ネット環境とPC1台あれば、
場所、時間は好きなタイミングで作業が自由に出来ます。
始めるための、初期投資もほとんどかかりません。
匿名性を保てますので、ルールを守れば
会社にばれることもありません。

 

 

僕自身がそうであった様に、
このインターネットビジネス、アフィリエイト
はサラリーマンに一番向いていると思えるくらいです。

 

 

では、具体的にどうやって始めるかついては
稼ぐために必要なマインドやテクニックは
何が必要かについては、
こちらのアフィリエイト指南書にまとめていますので、
興味があれば是非ダウンロードしてください。

 

 

これをきっかけに、
あなたの転職、就職が良い方向に進むことを
願っています!

 

【ワクワクしながらアフィリエイトを学べる冒険型指南書】
動画レクチャー80本以上、100を超えるコンテンツを盛り込んだ

AFFI VENTUREで可能性無限大のアフィリエイトの世界を
冒険するなら、下の画像を今すぐクリック!

ちょっと詳しい僕のプロフィール


 Takeo

 1976年生まれの蟹座

 趣味:自転車、旅行、ラーメン屋巡り

家でこっそりPCをポチポチしながら自由な時間で
サラリーマン時代の収入以上を稼いでいます。

ほんの少し前までは、僕は転職歴3回、
ごくフツーのどこにでもいるサラリーマンでした。

転職を繰り返す度に、状況はどんどん悪くなるばかりで、
いよいよ経済的にも、精神的にも追い詰められていた時に出会ったのが、
ネットビジネスアフィリエイトです。

ネットビジネスの事は全く知らないズブの素人状態からの
スタートでしたから、初月の労働時間は100時間以上で収入は683円と、
時給換算7円以下でがく然としましたが、

継続して続けた結果、
わずか1年足らずで本業を上回る月収40万円以上の副収入を得る事で、
生活は随分楽になり精神的にもゆとりが出ました。

継続して本業以上の収入が継続して得られている事から、
念願の「脱サラ」を果たし、
現在は、アフィリエイトを専業としながら最高月収400万円も達成。

その際に身に付けた、スキルやノウハウを体系化して
完全初心者を対象としたアフィリエイト講座を開始。

現在は、WEBコンサルタントとして
ビジネスコミュニティも運営しながら、日々コンサルティングに
携わっています。
コンサル生ひとりひとりに寄り添ったきめ細かな指導をする事で、
月収10万円以上達成者も既に数名輩出中。

・脱サラして自由に生きたい
・自宅でパート以上の収入を得たい
・初心者でも本当にアフィリエイトで稼げるのか?

この様な要望、声、疑問を集約した、
アフィリエイトへの参入ハードルを下げ、誰にでも取り組める
アフィリエイト初心者向け冒険指南書「AFFI VENTURE」を制作しました。

ただの読み物で終わらせない無い様に、
実践形式の無料メルマガレクチャー講座をブログ訪問者に
無料で配布、配信中です。

「AFFI VENTURE」と同時に取り組む事で確実に身に付ける事が
出来て、初月から収入が発生する実践者も多くいます。

このように、
仕事もプライベートも自分でコントロール出来る環境のもと
自由でストレスゼロの生活を送れる様になった
事に感謝しながら、毎日を楽しく過ごしています^^

【ワクワクしながらアフィリエイトを学べる冒険型指南書を無料プレゼント中!】
AFFI VENTUREで可能性無限大のアフィリエイトの世界を
冒険するなら、下の画像を今すぐクリック!※冒険参加者1000名突破!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です