自由ライフ

脱サラでは再就職手当が貰えない!?独立(起業)で会社を辞める前にやってはNGな事

こんにちは、Takeoです^^

 

 

脱サラや独立後は、
サラリーマンの様に
安定収入が無くなり
仕事の売上が出るまでは、
貯蓄を切り崩して凌いで行かなければ
ならない時もあると思います。

 

 

その際に、雇用保険の「再就職手当」
サラリーマンを辞めた直後なら、大きな助けになります。

 

 

僕も、脱サラ後にこの制度を利用したいと
思ったのですが、意図しない事で断念する
事になりました。。(涙)

 

 

今回は、脱サラ、独立開業後でも
再就職手当を受け取る方法をお伝えします。

 

サラリーマンから独立しても再就職手当は貰える?

再就職手当とは、

失業保険の給付を受けている、求職中の人が期間内に
再就職が決まった場合に支給される、
就業促進手当の事です。

そして、この再就職手当のみ独立、開業後でも
失業保険から貰う事が出来る手当になります。

 

そして、今回の話で一番大切な事になりますが、

[box class=”red_box” title=”再就職手当を貰う為の重要ポイント”]

サラリーマン時代に既に開業していた、
或いは、退職の理由が、独立開業や自営の準備をしている等の場合は
再就職手当は貰えません。

[/box]

 

もし、あなたがこちらに該当していたら
再就職手当は受け取れませんのでご注意ください。

 

僕は、在職中に開業していた為に再就職手当を
受け取る事は諦めました。
詳しくは「僕はこれが理由で再就職手当が貰えなかった」
をご覧下さい。

 

再就職手当を貰う為のポイント

脱サラ後に独立、開業して再就職手当を貰うには、

  1. 求職の申し込みをする
  2. 求職中である事をアピールする

この2点を知っておいてください。

 

求職の申し込みをする

再就職手当を貰うには、
雇用保険の基本手当の受給資格が必要です。

 

基本手当の受給資格は、基本手当の要件を満たした人
(以下の基本手当の受給要件)が
ハローワークで求職の申し込みをすればOKです。

[box class=”blue_box” title=”基本手当の受給要件”]

就職しようとする意志と、いつでも就職出来る能力が
あるにも関わらず就職に就けず、積極的に求職活動を
行っている人

引用:ハローワーク受給者のしおりより

[/box]

この様に、基本手当や再就職手当を貰うには、
就職する意思や能力があり、
求職活動を積極的にしている「失業の状態」
ある事が必要となります。

 

求職中である事をアピールする

僕の様に、脱サラが理由で会社を辞めた場合は、
最初から、再就職の意思はないですし、
求職活動はやりません。

 

在職中から自営の準備をしていた事から
退職後「失業の状態」でも無いわけです。

 

なので、基本手当の受給条件は満たさないので
もちろん、再就職手当以前の話になります。

 

「でも、再就職手当は欲しい」

 

そんな場合は、次の流れで進めてください。

  1. 退職後、再就職する意思を持ってハローワークで手続きをする
  2. 働く意思や能力や環境があり、積極的に求職活動しているが
    希望の仕事がなかなか見つからない
  3. そこで、思い切って独立開業、自営をする事に決めた
  4. 3の旨をハローワークに伝える

 

1~3の間には、
雇用保険説明会や初回講習、
失業日の認定等ありますが、
積極的に求職活動している事をアピールする為にも
必ずハローワークには行ってください。

 

再就職手当を貰うための必要な条件とは

「再就職手当を貰う為のポイント」を満たしていたとしても、
すべて人が貰えるかというと、その限りではありません。
更に満たさなけばならない事があります。

 

以下は、再就職手当の説明の中から、独立、開業する場合について
まとめてみました。
この3つの要件は全て当てはまらないとNGです。

[box class=”blue_box” title=”再就職手当を貰うための3つの条件”]

  1. 独立、開業開始の前日までに、基本手当の支給残日数が3分の1残っていること
  2. 1年を超えて事業を安定的に継続する事が可能であること
  3. 独立、開業開始の日から遡って、3年以内に「再就職手当」や「常用就職支度手当」を貰ってないこと

[/box]

再就職手当の申請や手続きは?

独立、開業の意思をハローワークに伝えたら
税務署で個人事業の開業の手続き済ませます。

税務署で発行して貰う開業届けは、
再就職手当の申請で必要な書類になります。

 

再就職手当申請の際の必要書類

自営の場合の再就職手当の支給申請の手続きは、
以下の書類を揃えて、ハローワークに提出します。

 

[box class=”blue_box” title=”再就職手当の申請書類”]

  1. 再就職手当支給申請書
  2. 雇用保険受給者資格者証
  3. 印鑑
  4. 税務署への開業届
  5. 事業の継続が確認出来る書類

[/box]

僕の場合、5の資料については、
管轄のハローワークでは
特に提出を求められませんでした。

 

一般的な例としては、

  • 発注書や発注の旨が解るメール
  • 見積書
  • パソコンの領収書
  • 事業用のホームページのプリントアウト等

が提出書類になる様です。

 

 

僕のビジネスの場合、例えば
アフィリエイトの報酬画像とか、
情報発信サイトのブログページとか、
メルマガ読者さんとのやりとりとかが
提出資料になるのだと思いますが、
ハローワークによって対応が異なりますので、
職員に確認するのが確実です。

再就職手当の申請に必要な期間

先にもお伝えしましたが、
再就職手当は好きな時や自分のタイミングで
受給の申請はできません。

 

「独立、開業開始の前日までに、
 基本手当の支給残日数が3分の1残っていること」

 

この条件に満たさない場合は、申請はできないのです。
こちらを前提として
実際に申請ができる様になるのは、

 

退職理由によって、申請ができるタイミングが変わってきます。

 

まず、退職理由に関わらず7日間の待機期間があります。
そして、これに加えて

  • 3ヶ月間の給付制限がある場合
    ⇒待機期間+1ヶ月経過後再就職申請が可能
  • 3ヶ月間の給付制限がない場合
    ⇒待機期間後、再就職申請が可能

 

給付制限の確認は、雇用保険受給者資格証にも
記載していますし、ハローワークでも確認できます。

 

再就職手当の支給金額はいくら?

もらえる再就職手当の金額は、
基本手当の額支給残日数によって決まります。

支給残日数によって、
パーセンテージが変わって来るんですね。

[box class=”blue_box” title=”基本手当の支給残日数が3分の2以上の場合”]

基本手当×支給残日数×70%

[/box]

[box class=”blue_box” title=”基本手当の支給残日数が3分の1以上の場合”]

基本手当×支給残日数×60%

[/box]

独立、起業をハローワークに伝えた後は、
申請は早ければ早い程、再就職手当は多く貰えると
という事になります。

 

申請は、1ヶ月程かかるそうです。
無事通過後は、再就職手当を受給できます。

 

以上から、独立、起業を目標として
退職後、再就職手当を受け取るまでに
最長で、約2ヶ月はかかります。

 

現在、企業に勤めていて独立を考えていて、
再就職手当を検討している人は、
受給できるまでの期間を考慮して手続きをしてください。

 

僕が再就職手当が貰えなかった理由

ズバリ、在職中に開業届けを既に提出して
いたからです。
青色申告を早々に使える様にしたかったので、
退職する年の、年明け早々に、
開業届けを税務署に提出していました^^;

 

 

雇用保険とか、再就職手当のことはまだ
念頭にも置いていませんでしたので、
無理はなかったですが。。

 

 

そして、
雇用期間の満了日も既に過ぎてしまったので
再就職手当を受け取る権利※は無くしてしまいました。。

※早期の事業が廃業した場合、
受給期間満了日(有効期限)の範囲内で残りの
給付日数分を再受給出来る権利の事

 

独立起業や自営でも再就職手当は貰えるけれど。。

独立、起業をした場合であっても、
再就職手当として、雇用保険を利用できるのであれば
積極的に使わない手はないと思います。

 

 

なので、
あなたがこの制度を利用したいのであれば、
僕の様に退職前に開業届けは出さないでください。

 

「雇用保険料は払い損だった!」

 

と諦めていた人も、再就職手当を活用すれば
まとまった金額が貰えますので、
独立後に、パソコンやプリンタ等を新調する
資金に回す事ができますね^^

 

 

後、僕がやっていて正解だと思ったのは
在職中にアフィリエイトでキャッシュポイントを
作っていた事です。
時間を掛けて仕組みを作った事で、
退職して1年以上経った今でも、
安定した収入が入って来ています。

 

 

僕は脱サラ後、コンサルコミュニティ企画を
作る事に専念して取り組んだのですが、
その仕組みを落ち着いて作れたのも
アフィリエイトの報酬があったからこそです。

 

 

再就職手当は1回受給したらそれで終わりです。
ですが、アフィリエイトであれば継続した
収入を得ることが出来ます。

 

 

もし、あなたが
現在、在職中で将来的には独立、起業を考えて
いるならば、アフィリエイトを退職後の
資金調達のひとつとして検討して頂ければ嬉しいです^^

 

初心者向けのアフィリエイトの指南書も
用意していますので、是非ご覧下さい!

 

【ワクワクしながらアフィリエイトを学べる冒険型指南書】
動画レクチャー80本以上、100を超えるコンテンツを盛り込んだ

AFFI VENTUREで可能性無限大のアフィリエイトの世界を
冒険するなら、下の画像を今すぐクリック!

【ワクワクしながらアフィリエイトを学べる冒険型指南書を無料プレゼント中!】
AFFI VENTUREで可能性無限大のアフィリエイトの世界を
冒険するなら、下の画像を今すぐクリック!※冒険参加者2000名突破!

86%の人はこちらの記事も読んでいます