ブログテクニック

グーグルアナリティクス(GDPR・5月25日)のデータが消去される!?対応や手順は1分で可能!

こんにちは^^Takeoです。

 

いつもの様にメールチェックをしていると、

「一般データ保護規則(GDPR)に関する重要なお知らせ」

この様な件名のメールが届いていました。

中を確認していると、変更点の説明があって

Google では昨年 8 月より、多くのサービスの契約条項を更新し、新しい法律の下での Google の立場をデータ処理者またはデータ管理者のいずれかとして示しています(Google 広告サービスの全分類をご覧ください)。一般データ保護規則に関する新しい条項は Google とお客様の契約を補完するものであり、2018 年 5 月 25 日に発効します。

5月25日以降に何かがあるのと、

EUが新しい一般データ保護規制(GDPR)が発効する事に伴い、

Googleもそれに遵守する事が

読み取れますが具体的に何かが分からないので、

色々調べてみたら、

「2018年5月25日以降、ユーザーが設定(Googleアナリティクスで)
 したデータ保存期間以前のデータはすべて消去される」

という主旨でした。

何もしなければ、現在からある一定期間以前のデータが

無くなってしまうので、さすがにこれはマズイ。。

更に調べてみると

Googleアナリティクスのヘルプに

「データの保持」の項目がある事を発見。

https://support.google.com/analytics/answer/7667196?hl=ja&utm_id=ad

すると、

自動的にデータが削除されるまでの保持期間を次のように選択できます。

  • 14 か月
  • 26 か月
  • 38 か月
  • 50 か月
  • 自動的に期限切れにならない

データの保持期間が終了すると、月単位で自動的に削除されます。

保持期間を変更すると、影響を受けるデータは次の月のプロセス中に削除されます。
たとえば、26 か月から 14 か月に変更すると、14 か月以上経過したデータは
次の月のプロセス中に削除されます。
引用:Googleアナリティクスヘルプ

データの保持の期間を設定が出来ることを知り、

ホットしました^^

 

次にその手順の詳細をお伝えします。

 

グーグルアナリティクスのデータ消去されない手順や対応について【無期限を推奨】

対応や手順はとても簡単で、1分で出来ます。

 

[box class=”blue_box” title=”データの保持の手順や対応方法”]

  1. Googleアナリティクスにログインする
  2. 「管理」ー「トラッキング情報」ー「データ保持」をクリック
  3. ユーザーデータとイベントデータの保持をプルダウンして
    期限を設定する。
    特に、理由が無ければ【自動的に期限切れにならない】を
    選択してください。
  4. 保存をクリック

[/box]

【手順画像】

 

僕の場合、「ユーザーデータとイベントデータの保持」

26ヶ月になっていました。

特に、理由がない限りデータ保持が無期限になる

【自動的に期限切れにならない】を推奨します。

また、変更した場合、設定が反映されるは24時間後に

なっていますので注意してください。

 

以上で、設定は完了です。

これで、

設定したデータ保持期間は2018年5月25日に有効化されます。

この手の作業は思い立った時にやった方が良いですから、

まだ対応されてなければ、

このタイミングでチャチャっと終わらせてくださいね^^

【ワクワクしながらアフィリエイトを学べる冒険型指南書を無料プレゼント中!】
AFFI VENTUREで可能性無限大のアフィリエイトの世界を
冒険するなら、下の画像を今すぐクリック!※冒険参加者2000名突破!

86%の人はこちらの記事も読んでいます