マインドセット

サラリーマンの思い込み[でも][どうせ][だって]の口癖と言い訳を解消するコツは?

こんにちは、Takeoです^^

 

毎日暑い日が続いていますね^^;
まだ7月で夏は始まったばかりだと
言うのにこの暑さは堪りません。。

 

そんな暑い日だった為か、
思い込みから、
いつもはやらない様な大ミスをやらかしてしまいました。

 

今回はそんな僕の失敗談を交えながら、
サラリーマンをやっていると
避けては通れない典型的な思い込みの
具体例や、
どうすれば、思い込まずに上手に
付き合っていけるかについてまとめてみました。

 

思い込みでやらかしたTakeoの失敗談

まずは、僕の失敗したエピソードから。
 
主観を交えた流れになっています。

 

それは、
今から2週間程前の事、
母を病院の帰りに起こった出来事でした。

 

「夕方やから、しゃーないな。別の道で帰るかぁ」

 

帰りの道が混んでいたのでいつもとは違う道を
使ったのが悲劇(喜劇?)の始まりでしたね^^;

 

赤信号で停止しているときに、
セパレートタイプの
右折信号付きのレーンで待っていて、
車の流れが無くなった後、
タイミングよく曲がった瞬間

「ウーン」

とパトカーのサイレン音とともに

 

「はい、そこの車止まりなさい」

 

の指示がパトカーのスピーカーから聞こえてきました。

 

「あっちゃー、しまった。。」

「何があかんかったやろ。。」

「しかしよりによってパトカーがいるなんて運が悪すぎやわ」

 

その時僕はまだ事態が全く掴めていなかったんですね~
安全な位置に車を停めて、
パトカーから警察官が来るのを待ちます。

 

庭掃除をしていた道路脇の住民が
不思議そうにこちらを見ています。

(恥ずかしい・・)

20代くらいの若い感じの警察官が運転席の
ドアの前に来たので窓を開きます。

「お疲れ様です。
~区分違反と~違反の為免許証を持って
後ろのパトカーに来てもらってもよろしいでしょうか?」

 

早口だったので、何言っているのかイマイチ分からない。

 

言われた通りに移動してパトカーに乗り込む。
パトカーには若い警察官の上司と思われる
僕よりも年配な感じの警察官もう一人いて、

 

(交通違反って何年振りやろ)

 

そういえば、
この状況で反則を受けずに切り抜けた奴がいたなぁ
と、思いながら若い警察官の話を聞いていました。

 

違反に関して、
若い警官が噛んで含めて違反した状況を説明してくれました。

 

要点だけ言うと、
セパレート式の信号は、
矢印が表示されなければ、
通行できない事になっています。

これがセパレート信号です。
交通量の多い交差点によくあるタイプですね。

僕はそのルールを完全に無視したので
御用になったのです^^;

 

若い警察官:「・・以上が、違反をした状況の説明になります。
交通ルールは理解されていましたか?」

とにかく終始丁寧な言葉使いに関心しつつ、

僕:「車の流れが切れたのでつい行ってしまいました。。」

免許証を受け取りながら、そう答えました。

若い警察官:「あの状況は、指示が出るまで待たなければいけませんでした」

僕:「完全に思い込みでした。。いつもならこんな事しないんですが。。」

 

本来やるべきではない状況で起こした
僕の完全なミスの違反です。
事故にならなかったのは幸いでしたが、
運転に慣れてしまった事による
「思い込み」が原因でしたね。

 

かなりリッチなディナーが食べれるくらいの
罰金を払いながら2度と起こさない様にと誓いました^^;

 

サラリーマンだったらつい出てしまう「でも、どうせ、だって」は口癖?思い込み?

この「思い込み」は日常だけで無く
色々な場面で出て来る訳ですが、
仕事をする上においても、
ひょっこりと顔を出して来ることがあります。

 

あなたも良く聞く、

 

言い訳する時によく出て来る、
「でも」「だって」「どうせ」の3D
の事ですね。

この単語自体には問題はありませんが、
大体この言葉の後には否定的な言葉が続きます。

僕はサラリーマンの頃は良く言い訳として
使っていました。

 

  1. 「だって、時間がないからできない」
  2. 「だって、仕事が忙しくてできない」
  3. 「どうせ、自分には無理、できるはずがない」
  4. 「どうせ、才能や経験が無いし」
  5. 「どうせ、頑張っても意味が無いし」
  6. 「でも、難しそうで自分には無理」

などなど。。

先ほどの、交通違反の場合だと

「だって、車が来て無かったので行ける(と思った)」

こんな感じでしょうか(笑)

 

全てに共通しているのは、
まだ起こっていない事に対しての
「思い込み」なんですね。

「だって、時間がないから出来ない(と思った)」

「どうせ、才能や経験が無い(と思った)」

「でも、難しそうで自分には無理(と思った)」

なぜ、そう思うのかと言うと、

 

「失敗したらどうしよう」

「上手く行かずに時間の無駄になったらどうしよう」

 

この様に、出来ないを言い訳する事が前提に
なっている訳なんですよね。

 

僕はサラリーマンの時は、典型的な3D人間で
仕事の面においては失敗や痛い思いをしたくなかったので
言い訳ばかりして、
この「思い込み」に感情が支配されていました。

 

「とりあえずやってみる」

 

というのがなかなか出来ませんでした。

 

言い訳や3Dを解消するにはこれから始めてみよう!

僕が、これほど消極的になっていたのは、

当時働いていた会社の上司や経営者からの

パワハラ、モラハラが原因でした。

 

仕事をする上で

やっても出来が悪いと怒られ、
 
やってなければ、何故出来ないのか?
ヤル気があるのかと怒られ、
 
 
とにかく僕のやる事なす事全てが
気に入らないので、
難癖に近い形でOJTと称して
パワハラをしていました。
 
 
 
英語もロクに出来ない状態で
海外に出張に行かされた事も何度もあります。
断る事はもちろん出来ませんし、
反論などしようものなら、
その何十倍も説教を受けたり、
首にする事を
それが嫌だから、言いたい事も我慢していました。
 
 
 
なので、
「どうせ、だって、でも」が口癖になっていた訳です。
 
 
 
そんな僕がどうやって、
この負のスパイラルから抜け出したのかと言うと、
 
 
 
 
「小さな成功体験を繰り返して、
 無くしていた自信を取り戻して行けた事です。」
 
 
 
そして、
 
 
「これまでと同じ選択をしていても、
 同じ結果にしかならない。
 ならば、違う選択をした方がいいかも」
 
 
 
その最初の一歩が、
ネットビジネスのセミナーを受講した事です。
 
 
 
セミナーをただ受講しただけですが、
その時の僕にとってはかなり勇気が要った事ですから、
今までやらなかった事、出来なかった事が
出来る様になったという自体が
成功体験でした。
 
 
 
 
違った選択を敢えてする事で、
今まで見た事が無い世界を知る事が出来ました。
 
 
 
 
その世界をもっと知りたいと思えば、
どんどん深堀して行けば良いですし、
自分には合わない、何か違うと思えば、
また違う選択をすれば良い訳です。
 
 
 
僕はネットビジネス、アフィリエイトに出会えた事で
 
 
もっと知りたいと思って、
色々と調べて、
自己投資もして、
実際に取り組んで、
お金を少しずつですが稼げる様になって、
コツコツと続ける事で稼ぐ額も増えて行って、
本業レベルで稼げる様になって、
etc・・
 
 
 
こんな感じで、
少しずつですが昨日の自分よりも
今日の自分が出来る事が増えていく、
本当に小さな達成感、成功体験を
繰り返していく事で、
ネットビジネスを始める前は、
何事にも消極的でしたが
自信を持って積極的に物事を考えれる様になりました。
 
 
 
そうで無ければ、脱サラなんて大胆な事は出来ません(笑)
 
 
 
なので、もしあなたが昔の僕の様な3Dが口癖に
なっている様な環境にいるならば、
その環境で今までやった事がない選択を
してみるのも良いと思います。
 
 
 
  • 職場で話した事がない同僚と話してみるとか
  • 今まで一緒に食べた事がない人に声を掛けて
    ランチに誘ってみるとか
  • いつもと違う店で晩御飯を食べるとか
  • 最寄り駅の一駅前で降りて街を歩いてみるとか
  • 家の近所を散歩してみるとか

 

これくらいだったら、
お金がめっちゃ掛かる訳でもないですし、
やろうと思えば、今からでも直ぐにできることですね。

 

たったこれだけの事で、
あなたの中で、
何か世界が変わってくるかもしれません。

 

いつもと違う選択、行動をしてみる。
そして、小さな成功体験を繰り返す。

 
そうすれば、いつの間にか
自己肯定感も増えて、言い訳も段々しなくなって
「でも、だって、どうせ」の口癖も無くなっていきます。
 
 
 
 
そうなったら、会社で何かあったり、
上司から小言を言われたり、
何か問題が発生していたりしたとしても、
そんな事は自分の人生に取って
どうでも良いって思える様になって来ると思います。
 
 
 
もし、あなたが現在特に興味ある事も無いし、
何から始めてみれば良いのか分からないと
思っているならば、
ネットビジネス、アフィリエイトもその選択肢として
考えられても良いかもしれません。
 
 
 
 

【ワクワクしながらアフィリエイトを学べる冒険型指南書】
動画レクチャー80本以上、100を超えるコンテンツを盛り込んだ

AFFI VENTUREで可能性無限大のアフィリエイトの世界を
冒険するなら、下の画像を今すぐクリック!

【ワクワクしながらアフィリエイトを学べる冒険型指南書を無料プレゼント中!】
AFFI VENTUREで可能性無限大のアフィリエイトの世界を
冒険するなら、下の画像を今すぐクリック!※冒険参加者2000名突破!

86%の人はこちらの記事も読んでいます