Googleアナリティクスの使い方!最初は4つからはじめよう!

こんにちは^^Takeoです。

今回はGoogleアナリティクスの使い方について、押さえるべき4つのポイントについてお話をします^^

 

Googleアナリティクスの導入がまだの方は

こちらから、設定をお願いします。

 

Googleアナリティクスの導入設定編【Simplicity】

 

Googleアナリティクスの画面を開いた瞬間に

拒否反応を示した人も

多いのではないでしょうか(笑)

 

僕のその1人で

訳の分からない専門用語がありすぎて

最初はさっぱり分かりませんでした^^;

 

ただ、月収10万円以上稼げる様になった

今だから言える事としては

このツールを使う事は記事作成と同じ位

大切な作業になります。

 

あなたに稼げる様になって貰いたいので

僕のサイト情報を一部紹介

しながら、動画を使って

Googleアナリティクスの使い方について

説明していきます^^

 

では、アクセス解析の世界へ一緒にいきましょう!

 

Googleアナリティクスの使い方の動画レクチャー【4つのポイント】

 

Googleアナリティクスの画面から

アクセス解析したい日付、期間を選びます。

 

内容 使い方
ポイント① 指定した期間中全体のアクセス解析 【ユーザー】→
【サマリー】
ポイント② リアルタイムアクセス解析 【リアルタイム】→
【サマリー】
ポイント③ 流入キーワード解析 【集客】→
【キャンペーン】→

【オーガニック検索キーワード】
ポイント④ 記事毎のアクセス解析 【行動】→
【サイトコンテンツ】→

【すべてのコンテンツ】

 

Googleアナリティクス使い方動画レクチャー【ポイント①②】

 

Googleアナリティクス使い方動画レクチャー【ポイント③④】

Googleアナリティクスで使う用語集

動画内でたくさん出てきた専門用語を

こちらにまとめておきます^^

 

普段使っている時や

分からなくなった時に

確認して頂ければと思います。

 

具体例を挙げて解説しますね^^

 

 

僕のサイトの2017年1月のある日のデータです。

【①セッション】

セッションとは、サイト訪問者が

ページを見始めて、サイト内を回遊し、

他のサイトへ行く(離脱する)、

という開始から終了まで、

サイト内を動き回った

行為全体をさす単位の事です。

 

Aさんがあなたのサイトを訪れたとします。

そうすると、Aさんのセッション数1となります。

 

そして、Aさんがあなたのサイトの記事を何記事

読んだとしても、セッション数は1です。

 

では、どうすればセッションがカウントされるの?

となりますが、

 

Aさんがあなたのサイトに30分以上滞在して

また動き出した時は、セッションが1追加されます。

 

また、あなたのサイトを離れて30分以上経過

して、再びあなたのサイトに戻った場合

1セッション追加となります。

 

【②ユーザー】

ユーザー数は、AさんBさんといった具体的な

個人をさすわけではなく、

ブラウザ(グーグルクローム、yahoo、Bing等)

ごとにカウントされます。

 

1ユーザー=1ブラウザ

 

と覚えていただいてOKです^^

もう少し詳しいお話をすれば、

ブラウザのクッキーという保存領域に

Googleアナリティクスは

アクセス状況のデータを記録しておき、

再訪などのときにまた利用するといった動作をします。

 

なので、Aさんが、通勤中にスマホでサイトBを見た、

自宅のPCでもサイトBを見た、

としますと、ブラウザが変わっていますので、

同じAさんだとしても、

Googleアナリティクス側では、

2ユーザーとカウントされる訳です。

 

【③ページビュー数】

別の表記ではPVと言って

これからあなたが記事を書く際に

至るところで目にすると思います。

 

ページビューとは

あなたのサイトの記事が表示された数です。

 

Aさんがあなたの記事を5回見た時は

5PVとなります。

同じ記事をブラウザの戻るボタンで繰り返し

見た時も、PVがカウントされます。

 

これから、記事を書いていく際は

この数字をいかに増やしていくのかが

あなたの一つの目標になってきます。

 

【④ページ/セッション】
1セッションあたりの平均PVです。

PV数をセッション数で割った数値になります。

 

上の例では、

  • ページビュー数:20,496
  • セッション数:11,551

なので、

20,496÷11,551=1.77

となりますね^^

 

【⑤平均セッション時間】
あなたのサイトの1セッションあたりの

滞在時間の平均になります。

 

平均になってしまうのには訳がありまして、

例えば、

Aさんがあなたのサイトに訪問してきました。

復習ですが、この時セッションは1ですね^^

 

そして、サイト内の3つの記事を読んだとします。

  • 記事①:4分読んだ
  • 記事②:5分読んだ
  • 記事③:6分読んだ

3記事を読んだ時間は合計15分となるので

セッション時間は15分としたいですよね。

 

ただし、

記事①から記事②、記事②から記事③に

移動する時は記事を読了したとの

フラグが立ちますので

セッション時間は計算されますが、

記事③を読んだ後にページを完全に離脱した時は

Googleアナリティクスの仕組み上

カウントできない訳なんですね。

なので、記事②を読んだ時点までで計測される事に

なって、

セッション時間は9分となります。

 

実際の滞在時間よりも短くなる傾向にあるので

「平均的」

な滞在時間とするしか無い訳です。

 

少し難しかったですね?^^;

 

現時点では、

滞在時間が長ければ長いほど、

良いコンテンツ、

良いサイトと判断されますので、

 

時間が長ければ、良いという理解で大丈夫です^^

 

【⑥直帰率】
あなたのサイトに訪問してくれた人が、

その1ページのみ閲覧して離脱した

確率になります。

 

全ての訪問者が1ページだけ見て
離脱した場合は、直帰率100%

全ての訪問者が2ページ見て
離脱した場合は、直帰率50%

となります。

 

直帰率の数値を小さくして改善することにより、

PV数やサイト滞在時間を伸ばすことに繋がります。

 

 

【⑦新規セッション率】
その名の通り、

初めて訪れてくれたセッションの率を

表しています。

 

⑥の直帰率と同じ様に

新規さんだけの場合は、

100%となり

この新規セッション率を下げる事で

リピーターを確保できているという

指標になる訳ですね。

 

ただし、

単にこれが低いからリピーターを

確保出来ているから

良いと判断は出来ません。

 

新たなリピーターを増やすには新規が必要だからです。

 

まとめ

内容盛りだくさんになりましたね^^

 

Googleアナリティクスは

とにかく機能がたくさんで

最初のうちから使いこなすのは

まず無理なので

今回紹介した4つのポイントの機能を

覚えて頂ければ大丈夫です。

 

一気にやると消化不良になるので

必要に応じて少しずつ

理解していけばいいと思います。

 

記事投稿後に、Googleアナリティクスで

アクセス解析をして自分なりに分析する

癖を付ける事が

10万円達成に欠かせないので

しっかりと身に着けておきましょう^^

 

今回も最後までお付き合い頂き

ありがとうございました!

コメントを残す